Webマーケティング

ロングテールとは

ロングテールとは

ロングテール(英:long tail)とは、インターネットを用いた物品販売の手法、または概念のひとつで、売れ筋の商品ではなく、販売機会の少ないニッチな商品を数多く取り扱うことで顧客の総数を増やし、売上げを大きくするものです。

次のグラフはロングテールのイメージ例です。

ロングテール

上記のグラフは縦軸に販売数、横軸に商品を並べたもので、このグラフの橙色で表されている部分の総量で利益を得ようとするのがロングテール戦略の基本な考え方です。

ロングテールの由来は、上記グラフの橙色部分が長い(Long)尻尾(tail)のように見えることからその名前がつけられました。

マーケティング分野では、上位20%の商品が大きな成果を占めると認知されていたため、上位20%の商品へ投資することが多かったが、インターネット上での分析によって下位80%から獲得できる成果も合計すると大きな割合を占めることがわかっており、ロングテールの商品は無視できない存在になっています。

ロングテール戦略の成功例では、大手通販サービスAmazonがあげられます。Amazonは売れ筋商品だけでなく、ニッチな商品も数多く取り扱い、その圧倒的な種類の商品のおかげでたくさんの顧客を獲得、一つ一つは少数しか売れないものの、その総売上として莫大な売上を生み出しています。