索引(コ)

2020/11/15

コンパイラとは

コンパイラ コンパイラとは コンパイラ(compiler)とは、高水準言語(高級言語)で書かれたソースコードをコンピュータが解釈・実行できる形式に変換するソフトウェアのことです。 チェック 高水準言語とは、CやJavaのような記述の抽象度が高いプログラミング言語のこと。対義語は機械語やアセンブリ言語(低水準言語) プログラミング言語は人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で書かれたプログラムを理解することができません。 そのため、コンピュータが理解できる機械語(バイナリ ...

2020/11/17

コンパイルとは

コンパイル コンパイル(compile)とは、プログラミング言語を、コンピュータが理解できるバイナリデータ(0と1を並べたビット列)に変換することで、そのためのソフトウェアをコンパイラ(compiler)といいます。 コンパイルはなぜ必要なの? プログラミング言語は、人間が理解しやすいように作られているため、コンピュータはプログラミング言語で書かれたプログラムを理解することができません。 そのため、プログラミング言語で作られたプログラムを、コンピュータが理解できるように変換する必要があります。この変換作業 ...

2020/10/20

固定小数点数とは

固定小数点数 固定小数点数とは 固定小数点数とは、コンピュータ上で小数を表現する方法の一つで、小数点が特定の位置に固定されているものです。 例えば「10010001」のような8桁のビット列に対して、下から2桁分を小数点以下と決めれば「100100.01」、下から1桁分を小数点以下と決めれば「1001000.1」と表現します。 このように固定小数点数は、あらかじめ小数点が何桁目にくるかを決めてしまう方式です。 それに対して、表現される仮数部に対して小数点の位置が移動する方式を「浮動小数点数」といいます。 小 ...

2020/8/24

コンポーネントとは

コンポーネント(component) コンポーネントってなに? コンポーネントは「部品」「成分」「構成要素」などの意味を持つ言葉です。 ITの分野では、ソフトウェアやシステムを構成する部品のことです。ソフトウェア開発では、機能を部品化して開発することがよくあります。 この部品化した「プログラム部品」のことを コンポーネントと呼びます。 コンポーネントは、特定の機能を単体で完結しているが、単体では使用せず、他のプログラムから呼び出されたり、他のプログラムと連結したりして使用します。   プログラム ...

2020/8/24

コアコンピタンスとは

コアコンピタンス(Core competence) コアコンピタンス(Core competence)とは、企業の中核となる強みのことで、他社には真似のできない、企業独自のノウハウや技術などの強みを指す言葉です。 コアコンピタンスという言葉は、1990年に「ゲイリー・ハメル」と「プラハラード」が ハーバード・ビジネス・レビュー Vol.68「The Core Competence of the Corporation」 という論文で発表した概念であり、その後、広められた言葉といわれています。   ...

暗号化

2020/9/19

公開鍵暗号方式とは

公開鍵暗号方式 公開鍵暗号方式とは 公開鍵暗号方式とは「暗号化」と「復号化」に別の鍵を使い、「暗号化」の鍵を公開できるようにした暗号方式です。 公開鍵暗号方式では、送信者と受信者が異なるの鍵を保持しているが特徴です。送信側は受信者が公開している公開鍵で「平文」を「暗号文」に暗号化して送信、「暗号文」を受け取った受信側は受信者の秘密鍵で「暗号文」を「平文」に復号する流れです。 公開鍵暗号方式の代表的な方式には RSA(Rivest-Shamir-Adleman cryptosystem)があります。 「公開 ...

© 2021 ITを分かりやすく解説