索引(カ)

2021/1/10

外部キー(foreign key)とは

外部キー(foreign key) 外部キーとは 外部キー(英:foreign key、略:FK)とは、関係データベースにおいてデータの整合性を保つための制約(参照整合性制約)です。 外部キーに設定されている列(カラム)には、参照先となるテーブルの列内(カラム内)に存在している値しか設定できません。 例えば、次のように「社員テーブル」(左側)の「部署ID」は、「部署テーブル」(右側)の主キーである「部署ID」に対して外部キーを設定しています。 そのため、「社員テーブル」(左側)の「部署ID」には、「部署テ ...

2021/1/3

関係データベースとは

関係データベース 関係データベース(リレーショナルデータベース、英:relational database)とは、データを表の形で管理するデータベースのことです。 次の表は関係データベースのイメージ例です。表(テーブル)は行(レコード)と列(フィールド)によって形成されています。 関係データベースには、データ1件が1つの行として記録されます。上記表の例では、次の4レコードがデータとして登録されています。 ID:000001、名前:鈴木太郎、住所:東京都渋谷区 ID:000002、名前:佐藤次郎、住所:大阪 ...

2020/12/8

仮想とは

仮想(virtual) 仮想とは 仮想(英:virtual)とは、実際にはないがあるように見せることです。 例えば、仮想メモリというのは、実際はメモリではありません。仮想メモリの正体はハードディスクであり、ハードディスクをメモリのように扱っているのです。 このように、実際は違うが、あるようにみせることを仮想(バーチャル)といいます。 実際はないが、あるように見せる「バーチャルゲーム」なども仮想を使った技術です。 スポンサーリンク 仮想化 1台のコンピュータに含まれるCPU、メモリなどのリソースを論理的に分 ...

2020/10/25

カルノー図法とは

カルノー図法 カルノー図とは、論理式を簡略化するための表のことです。そして、この表を用いて論理式の簡略化を行う手法のことをカルノー図法といいます。 論理式を簡略化するための表?どういうことですか? そうですよね、それではもう少し具体的に説明していきます。   カルノー図法を利用すると、論理式を簡略化することができます。 例えば次のような論理式「A・B + A・B + A・B」があるとします。 この論理式に対してカルノー図法を用いて簡略化すると「A・B」で済むことが分かります。 このようにカルノー ...

2020/8/24

稼働率の計算方法を図解で分かりやすく説明

稼働率の求め方 稼働率とは 稼働率とは、システムが正常に稼働している時間の割合を示すものであり、稼働率が100%に近い程、正常稼働している時間は長く「品質が高いシステム」ということです。 稼働率は次の式で求めることができます。 MTBF(平均故障間隔) / MTBF(平均故障間隔) + MTTR(平均修理時間)   それでは、次の図を例に故障率を求めていきます。 「正常稼働100時間」 → 「故障し修理(4時間)」→ 「正常稼働60時間」 → 「故障し修理(2時間)」→ 「正常稼働80時間」 → ...

ガントチャートとは

2020/8/24

ガントチャートとは

スケジュール管理が必要だね。まずはガントチャート作って。 は、はい・・・。ガントチャートって何だ? IT業界では、当たり前のように使用される言葉である「ガントチャート」 本記事では、ガントチャートについて分かりやすく解説していきます。 スポンサーリンク ガントチャートってなに? ガントチャートとは、横軸に「時系列」、縦軸に「作業計画」を整理し、棒状のチャートで表す表のことをいいます。システム開発を円滑に進める上で欠かせないのがスケジュール管理。このスケジュール管理でよく使われる表がガントチャートです。 ガ ...

© 2021 ITを分かりやすく解説