索引(ロ)

2021/3/30

論理和(OR)とは

論理和(OR) 論理和(読み:ろんりわ、英語:Logical disjunction)とは論理演算の1つで、2つの与えられた命題のいずれか一方あるいは両方が真のときに「真」、いずれも「偽」のときに「偽」となる演算です。 「A または B」と表現し、論理演算記号では(A+B)または(A∨B)という記号を使います。 例えば サッカーチームに所属している 野球チームに所属している という2つの命題の論理和は「サッカーチームに所属している」または「野球チームに所属している」(※両方成り立ってもOK)です。 論理和 ...

2021/3/30

論理積(AND)とは

論理積(AND) 論理積(読み:ろんりせき、英語: logical conjunction)とは論理演算の1つで、2つの与えられた命題がいずれも「真」のときは「真」、それ以外は「偽」となる演算です。 「A かつ B」と表現し、論理演算記号では(A・B)または(A∧B)という記号を使います。 例えば サッカーチームに所属している 野球チームに所属している という2つの命題の論理積は「サッカーチームに所属している」かつ「野球チームに所属している」です。 論理積のベン図 論理積をベン図であらわすと次のとおりです ...

2021/3/10

ロックとは(占有ロックと共有ロック)

ロック(lock) 排他制御とは 排他制御とは、共有資源に対して複数のアクセスが同時に発生しても問題なく動作できる制御のことをいいます。 例えば、次のように複数の人が同時に共通資源であるファイルに書き込みを行った場合、排他制御をおこなっていれば、データの整合性が保たれます。(共有ファイルに「BBB」と「CCC」が両方追加される)   しかし、排他制御をおこなっていないと次のように整合性が保たれないデータになってしまう危険性があります。(後から更新した方のデータとなり、BBBが反映されていない) ...

2021/3/7

ロールフォワードとは

ロールフォワード ロールフォワード(英:roll forward)とは、データベースに障害が発生したときの回復手段の1つです。 バックアップファイルとジャーナルファイル データベースには業務で必要なデータが大量に保存されています。そのため、データベースが破損してしまうと大問題です。 データベースは障害に備えて定期的にバックアップを取ることが基本です。定期的に取得するバックアップは、データベースの内容を丸ごと別ファイルに保存します。バックアップファイルを定期的に取得することで、障害発生時にデータベースを元に ...

2021/3/6

【データベース】ロールバック(rollback)とは

ロールバック(rollback) ロールバック(英:rollback)とは、トランザクション処理においてデータ更新などに失敗した場合に、処理を破棄する(トランザクション開始前の状態に戻す)ことをいいます。 トランザクションとは、トランザクション開始~終了までの一連の処理のことです。 例えば、上記図のような処理があるとします。 商品購入 トランザクション開始 「在庫テーブル」で保持している商品の在庫を減らす 「注文テーブル」に購入者情報を登録 トランザクション終了 処理2~処理5までの一連の処理をトランザク ...

2020/12/29

ローカルとは

ローカル(local) ローカルとは、一定の地方、地域、またそこに限られた特有の物や状態を表す言葉であり、ITの分野では自分側にある物を指す言葉です。 遠隔(離れた場所にある)を意味する言葉である「リモート」とは対義語です。 例えば、自分自身が使っているコンピュータをローカルマシン(ローカルコンピュータ)、離れた場所にあるコンピュータをリモートマシン(リモートコンピュータ)といいます。 その他にも、ローカルマシンが接続されているネットワークを「ローカルネットワーク」、リモートマシンが接続されているネットワ ...

2020/12/12

論理演算とは

論理演算 論理演算とは、真の値(true:条件が成立)と偽の値(false:条件が成立しない)という2つの値を用いて行う演算のことです。 代表的な論理演算には、「論理積」(AND)、「論理和」(OR)、「否定」(NOT)、排他的論理和(XOR)などがあります。 論理積(AND) 論理積(AND)とは、2つある条件がともに「真」である場合のみ「真」を出力する演算です。 「AかつB」と表現し、論理演算記号では(A・B)または(A∧B)という記号であらわします。 ベン図は次の通り。 また、真理値表であらわすと次 ...

© 2021 ITを分かりやすく解説