基本情報技術者

【基本情報技術者試験】整列アルゴリズム

2021/9/28

本日のテーマは整列アルゴリズムです。 小さい順(昇順)あるいは大きい順(降順)に並べ替える作業のことですね。 問題 クイックソートの処理方法を説明したものはどれか。 ア:既に整列済みのデータ列の正しい位置に,データを追加する操作を繰り返していく方法である。 イ:データ中の最小値を求め,次にそれを除いた部分の中から最小値を求める。この操作を繰り返していく方法である。 ウ:適当な基準値を選び,それより小さな値のグループと大きな値のグループにデータを分割する。同様にして,グループの中で基準値を選び,それぞれのグ ...

ReadMore

基本情報技術者

【基本情報技術者試験】2分探索木

2021/9/23

今回のテーマは基本情報技術者試験や応用情報技術者試験で出題される「2分探索木」です。 にぶんたんさくぎ? 問題 2分探索木になっている2分木はどれか。 ア:  イ: ウ:  エ: 基本情報技術者平成28年秋期 午前問6 ※図は過去問を参考に作成したものです。 基本情報技術者試験や応用情報技術者試験で出題される2分探索木の問題、聞きなれない言葉なので難しく感じます。ただし、2分探索木を理解していれば簡単に解くことができます。 本記事では、2分探索木について図解を利用して分かりやすく解説していきます。 本記事 ...

ReadMore

プログラム

二分探索木とは

2021/9/23

二分探索木(にぶんたんさくぎ) 木構造とは 木構造(きこうぞう)とは、データ構造の1つで木のような階層構造でデータを管理するものです。 木構造の要素部分を節(ノード)といい、親のない最上位のノードを根(ルート)、子のないノードを葉(リーフ)、そして ノードとノードを繋ぐ線のことを枝(ブランチ)といいます。   木構造は、ハードディスクのファイルシステムやインターネットのドメイン名などの管理で使用されています。 二分探索木とは 二分探索木(英:binary search tree)とは、木構造の左 ...

ReadMore

プログラム

ゼロパディングとは

2021/9/22

ゼロパディング ゼロパディング(英:zero padding)とは、文字で数値を表す際に書式で指定された桁数に満たない場合、桁数をそろえるため「0」を付加することです。「ゼロ埋め」や「ゼロサプライ」とも呼ばれています。 ゼロパディングの例は次のとおりです。 ゼロパディングの例 整数部を4桁にする 15 → 0015 小数部4桁にする 1.123 → 1.1230 例えば、日付の書式を「2021/3/1」から「2021/03/01」に変換(月と日を2桁表記にする)したいときなどにゼロパディングを利用します。 ...

ReadMore

プログラム

二分木とは

2021/9/21

二分木 木構造とは 木構造とは、データ構造の1つで木のような階層構造でデータを管理するものです。 木構造の要素部分を節(ノード)といい、親のない最上位の節を根(ルート)、子のない節を葉(リーフ)、そして 節と節を繋ぐ線のことを枝(ブランチ)といいます。 ハードディスクのファイルシステム(フォルダの下にフォルダやファイルがぶら下がっている)やインターネットのドメイン名などは、いずれも木構造を用いて管理されています。 二分木とは 二分木(英: binary tree)とは、どの親ノードも2つ以下の子ノードで構 ...

ReadMore

プログラム

ゼロサプレスとは

2021/9/22

ゼロサプレス ゼロサプレス(英:zero suppress)とは、数値の文字列から先頭あるいは末尾の余計な「0」を取り除く作業のことです。 ゼロサプレスの例は次のとおりです。 ゼロサプレスの例 01 → 1 0051 → 51 001030 → 1030(13とはしない) ※特に必要な場合を除いて、位取りに必要なゼロや有効数字にかかわるゼロは除去しない コンピュータのプログラムでは、月や日の前にある0を削除して「01月03日」ではなく「1月3日」のように表記(01月→1月、03日→3日)する際にゼロサプレ ...

ReadMore

基本情報技術者

【基本情報技術者試験】探索アルゴリズム

2021/9/23

本日のテーマは探索アルゴリズムです。 探索アルゴリズム? 問題 10進法で5桁のa1a2a3a4a5をハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5,13) とし,求めたハッシュ値に対応する位置の配列要素に格納する場合,54321は次の配列のどの位置に入るか。ここで,mod(x,13) は,xを13で割った余りとする。 ア:1 イ:2 ウ:7 エ:11 基本情報技術者令和元年秋期 午前問10 ※図は過去問を参考に作成したものです。 問題 2分探索に関する記述のうち ...

ReadMore

プログラム

ハッシュ法とは

2021/9/14

ハッシュ法 ハッシュ法とは、探索のアルゴリズムの1つです。 配列やリストのように複数のデータが格納されている入れ物の中から目的のデータを探し出すのが探索であり、このデータを探索する代表的なアルゴリズムの1つが「ハッシュ法」です。 「ハッシュ法」の他には「線形探索法」や「2分探索法」などがあります。 ハッシュ法の探索例 ハッシュ法とは、ハッシュ関数と呼ばれる「一定の計算式」を用いて、データの格納位置(格納アドレス)を特定する方法です。 ハッシュ関数により求めた値をハッシュ値といいます。 例えば、mod(x, ...

ReadMore

基本情報技術者

【基本情報技術者試験】スタックとキュー

2021/9/18

本日のテーマはスタックとキューです。 スタックとキューはわかりますが、過去問は難しい。 問題 三つのスタックA,B,Cのいずれの初期状態も[1,2,3]であるとき,再帰的に定義された関数f()を呼び出して終了した後のBの状態はどれか。ここで,スタックが,[a1 a2,…,an-1]の状態のときにanをpushした後のスタックの状態は[a1 a2,…,an-1,an]で表す。 f(){ Aが空ならば{ 何もしない。 } そうでない場合{ Aからpopした値をCにpushする。 f()を呼び出す。 Cからpo ...

ReadMore

基本情報技術者

【基本情報技術者試験】ハフマン符号化

2021/9/15

本日のテーマは「ハフマン符号化」です。 聞いたことがない言葉ですね。 問題 出現頻度の異なるA,B,C,D,Eの5文字で構成される通信データを,ハフマン符号化を使って圧縮するために,符号表を作成した。aに入る符号として,適切なものはどれか。 文字 出現確率(%) 符号 A 26 00 B 25 01 C 24 10 D 13 a E 12 111 ア:001 イ:010 ウ:101 エ:110 基本情報技術者平成30年秋期 午前問4 問題 表は,文字A~Eを符号化したときのビット表記と,それぞれの文字の出 ...

ReadMore

開発

【Spring Boot】Thymeleafでプルダウンを作成する方法

2021/9/6

はじめに Javaのフレームワーク「Spring Boot」とテンプレートエンジン「Thymeleaf」を使用してプルダウンを簡単に作成する方法を紹介します。 スポンサーリンク 本記事で作成するプルダ ...

Spring Boot + ThymeleafでList<Object>をPOSTする方法

2021/8/26

はじめに Javaのフレームワーク「Spring Boot」とテンプレートエンジン「Thymeleaf」を使用して、List<Object>をPOSTする方法を紹介します。 本記事で作成す ...

PHPでCSVファイルを出力する方法

2021/8/6

はじめに PHPには配列のデータをCSV形式のフォーマットで書き込みをおこなう「fputcsv」という関数があります。fputcsv関数を使うことで簡単にCSVファイルを出力できます。 本記事では、f ...

情報処理

【基本情報技術者試験】整列アルゴリズム

2021/9/28

本日のテーマは整列アルゴリズムです。 小さい順(昇順)あるいは大きい順(降順)に並べ替える作業のことですね。 問題 クイックソートの処理方法を説明したものはどれか。 ア:既に整列済みのデータ列の正しい ...

【基本情報技術者試験】2分探索木

2021/9/23

今回のテーマは基本情報技術者試験や応用情報技術者試験で出題される「2分探索木」です。 にぶんたんさくぎ? 問題 2分探索木になっている2分木はどれか。 ア:  イ: ウ:  エ: 基本情報技術者平成2 ...

【基本情報技術者試験】探索アルゴリズム

2021/9/23

本日のテーマは探索アルゴリズムです。 探索アルゴリズム? 問題 10進法で5桁のa1a2a3a4a5をハッシュ法を用いて配列に格納したい。ハッシュ関数を mod(a1+a2+a3+a4+a5,13) ...

パソコン講座

エクセルで簡単にヒストグラムを作成する方法

2020/6/13

Excel(エクセル)を使ったヒストグラムの作り方 Microsoft Office Excel(エクセル)2019を使った ヒストグラムの作り方を紹介します。 ヒストグラムの詳細については下記の記事 ...

エクセルで簡単に散布図を作成する方法

2020/6/13

Excel(エクセル)を使った散布図の作り方 Microsoft Office Excel(エクセル)2019を使い、2つの項目の相関関係を把握するためのグラフである散布図の作り方を紹介します。 散布 ...

表図
エクセルで簡単にパレート図を作成する方法

2020/6/10

Excel(エクセル)を使ったパレート図の作り方 Microsoft Office Excel(エクセル)2019を使った、パレート図の作り方を紹介します。 パレート図についての説明は次の記事をご覧く ...

ブログを始める

WordPressで評価ボタン(good、bad)を設置する方法

2021/8/10

はじめに WordPressで記事を書いていると、書いている記事が良い記事なのか、良くない記事なのか気になる所です。評価が悪い記事がわかれば、その記事を見直すことができるので「Good」(いいね)と「 ...

AFFINGER5からAFFINGER6(ACTION)へのアップデート手順

2021/7/7

ACTION(AFFINGER6)がついに販売開始 2021年7月1日より ACTION(AFFINGER6)の販売が開始しました。WING(AFFINGER5)購入者は、ACTION(AFFINGE ...

WordPressにtwitterのツイートを埋め込む方法

2020/11/29

WordPressのサイドメニューにtwitterを埋め込む手順 WordPressのサイドメニューに、以下のようなtwitterのツイートを埋め込む手順を紹介します。 手順1. Twitter Pu ...

IT用語集

二分探索木とは

二分探索木(にぶんたんさくぎ) 木構造とは 木構造(きこうぞう)とは、データ構造の1つで木のような階層構造でデータを管理するものです。 木構造の要素部分を節(ノード)といい、親のない最上位のノードを根(ルート)、子のないノードを葉(リーフ)、そして ノードとノードを繋ぐ線のことを枝(ブランチ)といいます。   木構造は、ハードディスクのファイルシステムやインターネットのドメイン名などの管理で使用されています。 二分探索木とは 二分探索木(英:binary search tree)とは、木構造の左 ...

ゼロパディングとは

ゼロパディング ゼロパディング(英:zero padding)とは、文字で数値を表す際に書式で指定された桁数に満たない場合、桁数をそろえるため「0」を付加することです。「ゼロ埋め」や「ゼロサプライ」とも呼ばれています。 ゼロパディングの例は次のとおりです。 ゼロパディングの例 整数部を4桁にする 15 → 0015 小数部4桁にする 1.123 → 1.1230 例えば、日付の書式を「2021/3/1」から「2021/03/01」に変換(月と日を2桁表記にする)したいときなどにゼロパディングを利用します。 ...

二分木とは

二分木 木構造とは 木構造とは、データ構造の1つで木のような階層構造でデータを管理するものです。 木構造の要素部分を節(ノード)といい、親のない最上位の節を根(ルート)、子のない節を葉(リーフ)、そして 節と節を繋ぐ線のことを枝(ブランチ)といいます。 ハードディスクのファイルシステム(フォルダの下にフォルダやファイルがぶら下がっている)やインターネットのドメイン名などは、いずれも木構造を用いて管理されています。 二分木とは 二分木(英: binary tree)とは、どの親ノードも2つ以下の子ノードで構 ...

ゼロサプレスとは

ゼロサプレス ゼロサプレス(英:zero suppress)とは、数値の文字列から先頭あるいは末尾の余計な「0」を取り除く作業のことです。 ゼロサプレスの例は次のとおりです。 ゼロサプレスの例 01 → 1 0051 → 51 001030 → 1030(13とはしない) ※特に必要な場合を除いて、位取りに必要なゼロや有効数字にかかわるゼロは除去しない コンピュータのプログラムでは、月や日の前にある0を削除して「01月03日」ではなく「1月3日」のように表記(01月→1月、03日→3日)する際にゼロサプレ ...

ハッシュ法とは

ハッシュ法 ハッシュ法とは、探索のアルゴリズムの1つです。 配列やリストのように複数のデータが格納されている入れ物の中から目的のデータを探し出すのが探索であり、このデータを探索する代表的なアルゴリズムの1つが「ハッシュ法」です。 「ハッシュ法」の他には「線形探索法」や「2分探索法」などがあります。 ハッシュ法の探索例 ハッシュ法とは、ハッシュ関数と呼ばれる「一定の計算式」を用いて、データの格納位置(格納アドレス)を特定する方法です。 ハッシュ関数により求めた値をハッシュ値といいます。 例えば、mod(x, ...

ハフマン符号化とは

ハフマン符号化 ハフマン符号化とは、1952年にデビッド・ハフマン(David Albert Huffman)氏によって開発された符号で、データの可逆圧縮などに使用されるものです。 可逆圧縮は元に戻すことができる圧縮のことです。 符号化とは 符号化とは、データを「0」と「1」の2進数に置き換えることです。 コンピュータが扱う最小単位のことをビット(bit)といい、1ビットで表現できる数字は「0」と「1」の2つだけです。この「0」と「1」という2個の数字で数をあらわすのが2進数です。 そのため、コンピュータ ...

真理値表とは

真理値表 真理値表とは、論理回路や論理式において、入力のすべての組み合わせとそれに対応する出力を1つ表にまとめたものです。 例えば、次の例は否定の真理値表です。※否定は1つの条件に対して真偽値の値を反転させる演算 A (A) 0 1 1 0 真理値表では、上記のとおり左側の列に入力(Aの入力値)、右側の列に出力(Aの否定をとった出力地)を記入し、入力と出力には「1」(あるいは「真」「T」)もしくは「0」(あるいは「偽」「F」)のどちらかを記入します。 「真」「偽」で表記する場合 A (A) 偽 真 真 偽 ...

BNF記法(バッカス・ナウア記法)とは

BNF記法(バッカス・ナウア記法) バッカス・ナウア記法(英:Backus-Naur form)とは、文脈自由文法を定義するのに用いられるメタ言語(言語を記述するための言語)のことで、BNF記法やBN記法と略される言葉です。 どういう意味ですか? 次のような形式で作られた言語のことをBNF記法といいます。 BNF記法の記号 BNF記法で使用する記号は次のとおりです。 <A>:: = <B> ※意味:<A>は<B>である 「::=」の記号を使うことで「左辺は右 ...