コンピュータ

論理演算とは

2020/10/23

論理演算 論理演算とは、真の値(true:条件が成立)と偽の値(false:条件が成立しない)という2つの値を用いて行う演算のことです。 代表的な論理演算には、「論理積」(AND)、「論理和」(OR)、「否定」(NOT)、排他的論理和(XOR)などがあります。 論理積(AND) 論理積(AND)とは、2つある条件がともに「真」である場合のみ「真」を出力する演算です。 「AかつB」と表現し、論理演算記号では(A・B)または(A∧B)という記号であらわします。 ベン図は次の通り。 また、真理値表であらわすと次 ...

ReadMore

コンピュータ

ベン図とは

2020/10/23

ベン図 ベン図とは、集合と集合の関係を視覚的に示す図のことです。ベン図は集合の関係性を表すもので、集合演算や論理演算を視覚的にわかりやすく表現する手法として用いられています。 メモ 集合とは、ある条件によってグループ分けされた集まりのこと 集合演算には次のようなものがあります。 スポンサーリンク 積集合(AかつB) 積集合とは、2つの集合に対して両方に入っているものを集めた集合のことです。 例えば、Aという集合と、Bという集合がある場合、AとB両方にあてはまるものを集めた集合のことで、ベン図で表すと次の通 ...

ReadMore

コンピュータ

固定小数点数とは

2020/10/20

固定小数点数 固定小数点数とは 固定小数点数とは、コンピュータ上で小数を表現する方法の一つで、小数点が特定の位置に固定されているものです。 例えば「10010001」のような8桁のビット列に対して、下から2桁分を小数点以下と決めれば「100100.01」、下から1桁分を小数点以下と決めれば「1001000.1」と表現します。 このように固定小数点数は、あらかじめ小数点が何桁目にくるかを決めてしまう方式です。 それに対して、表現される仮数部に対して小数点の位置が移動する方式を「浮動小数点数」といいます。 小 ...

ReadMore

コンピュータ

浮動小数点数を分かりやすく解説

2020/10/19

浮動小数点数 浮動小数点数とは 浮動小数点数とは、コンピュータにおける数値を表現する方法の一つで、主に小数点を含む数値を表現するときに利用されています。 浮動小数点数は次のように「符号(正の数が0、負の数が1)」「指数部」「仮数部」の形式で表現します。※32ビットの例 例えば、10進数の「0.01」を2進数に変換すると「0.000000101000111101011100・・・」です。 スポンサーリンク この数値に対して、小数点の位置を調整し最上位桁を0以外にします。この作業を「正規化」といいます。 0. ...

ReadMore

情報処理

丸め誤差、打ち切り誤差、桁落ち、情報落ちの違い

2020/10/19

情報処理試験でよく出題される誤差にはどんな種類があるか知っているかな? 「丸め誤差」や「打ち切り誤差」とかですよね。 ただ、イマイチ違いを理解していないんですよね・・・ 本記事では、コンピュータで発生する誤差の種類について具体的な例を使用しながら解説していきます。 スポンサーリンク コンピュータで発生する「誤差」とは コンピュータで小数を扱う方法の一つに「浮動小数点数」があります。 「浮動小数点数」は、符号、指数部、仮数部に分かれており、仮数部で表現できるビット数が決まっています。例えば、上記図のように3 ...

ReadMore

コンピュータ

打ち切り誤差とは

2020/10/19

打ち切り誤差 誤差とは コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。そうすると「表現できる数の範囲」が決まります。 例えば、32ビット形式の浮動小数点数は、全体は32ビットで構成されています。 このように限られたビット数で数をあらわすため、仮数部で表現できる数の範囲を超えてしまうことがあります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のよ ...

ReadMore

コンピュータ

情報落ちとは

2020/10/19

情報落ち 誤差とは コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。そうすると「表現できる数の範囲」が決まります。 例えば32ビット形式の浮動小数点数は、全体は32ビットで構成されています。 このように限られたビット数で数をあらわすため、仮数部で表現できる数の範囲を超えてしまうことがあります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のように割 ...

ReadMore

コンピュータ

桁落ちとは

2020/10/19

桁落ちを分かりやすく解説 桁落ちとは 桁落ちとは、値がほぼ等しく丸め誤差を持つ数値の差を求めた時に、有効数字(位取りを示すだけのゼロを除いた意味のある数字)が大きく減ることによって生じる誤差のことです。 よくわからない・・・ 桁落ちは少し難しいので、例を用いて説明していきます。 スポンサーリンク 桁落ちの計算例 例えば、値がほぼ等しい次の数値の差を求めてみます。※説明のため10進数を例にしています。 √999 ≒ 31.60696125 √997 ≒ 31.57530680 まず小数の計算をするため、浮動 ...

ReadMore

コンピュータ

丸め誤差とは

2020/10/13

丸め誤差 コンピュータで発生する「誤差」とは? コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。 そうすると「表現できる数の範囲」は決まります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のように割り切れなくて無限に続く小数のことを「無限小数」といい、このような無限小数は2進数でも存在します。 10進数の0.1を2進数に変換すると 0.00011 ...

ReadMore

コンピュータ

シフト演算を分かりやすく解説

2020/10/9

シフト演算とは シフト演算とは、2進数をあらわすビット列を左または右にずらす操作のことです。 例えば、10進数で考えると「770」という数字を10倍すると「7700」、1/10倍すると「77」となり、10倍は1桁増やす操作であり、1/10倍は1桁減らす操作です。 スポンサーリンク この操作は2進数でも同じであり、「100」(10進数:4)という2進数を2倍すると「1000」(10進数:8)になり、1/2倍すると「10」(10進数:2)です。 このように、ビット列を左にずらすと元の値の2倍、右にずらすと元の ...

ReadMore

仕事

Spring Boot + JPAでデータを物理削除する

はじめに 前回の記事では「Spring Boot」と「Thymeleaf」を使用して詳細画面を作成しました。本記事では詳細画面から「削除」リンクを押下して、対象データを物理削除する方法を紹介します。 ...

英字
Javaで英字のチェックを実装する方法

はじめに 正規表現を使いJavaで英字のチェックを実装する方法を紹介します。 チェック内容 正規表現 英字 ^[a-zA-Z]+$ 英字(大文字) ^[A-Z]+$ 英字(小文字) ^[a-z]+$ ...

Javaでひらがなのチェックを実装する方法

はじめに 正規表現を使い、Javaで「ひらがな」のチェックを実装する方法を紹介します。 今回の例で使用する正規表現は以下です。 ^[\u3040-\u309F]+$ スポンサーリンク Javaで「ひら ...

情報処理

丸め誤差、打ち切り誤差、桁落ち、情報落ちの違い

情報処理試験でよく出題される誤差にはどんな種類があるか知っているかな? 「丸め誤差」や「打ち切り誤差」とかですよね。 ただ、イマイチ違いを理解していないんですよね・・・ 本記事では、コンピュータで発生 ...

メール
S/MIMEの仕組みを図解で分かりやすく説明

S/MIMEとは S/MIME(Secure / Multipurpose Internet Mail Extensions:エスマイム)とは、暗号化技術と電子署名を使った安全に電子メールを送受信する ...

一般的なWebアプリケーションの脆弱性対策まとめ
一般的なWebアプリケーションの脆弱性対策まとめ

Webアプリケーションの脆弱性対策まとめ Webエンジニアであれば、一般的な知識であるWebアプリケーションの脆弱性対策。 本記事では、Webアプリケーションの脆弱性対策を図解で分かりやすく解説してい ...

パソコン講座

初心者向けWord(ワード)講座 表の作り方
【Word入門】表の作り方

表の作り方 ~Word(ワード)初心者向け講座 基礎編~ 前回の記事(1時間目)では「Word(ワード)で文章を作成する」方法を紹介しました。2時間目では「表の作り方」を紹介します。Word(ワード) ...

エクセルで簡単にヒストグラムを作成する方法

Excel(エクセル)を使ったヒストグラムの作り方 Microsoft Office Excel(エクセル)2019を使った ヒストグラムの作り方を紹介します。 ヒストグラムの詳細については下記の記事 ...

エクセルで簡単に散布図を作成する方法

Excel(エクセル)を使った散布図の作り方 Microsoft Office Excel(エクセル)2019を使い、2つの項目の相関関係を把握するためのグラフである散布図の作り方を紹介します。 散布 ...

ブログを始める

お金
アフィリエイトはどのくらい儲かるの? | 市場調査から見える現実

アフィリエイトとは? アフィリエイトとは企業の広告を自分のサイトに掲載し、そのサイトから一般の利用者が購入した場合に企業から紹介料をもらえる仕組みのことをいいます。そして企業の公告を自分のサイトに掲載 ...

AFFINGER5のAMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法
AMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法

AFFINGER5でAMPページに関連コンテンツの広告を表示させる方法 Google AdSenseの公式サイトの通り、AMPページで広告を表示させる場合は、AMP対応広告ユニットが必要になるようです ...

デザイン
AFFINGER5でトップページをカードデザインにする方法

AFFINGER5でトップページをカードデザインにする方法 AFFINGER5でトップページのデザインをカードデザインに変えるためには、自作でカードデザインを作るか、ショートコード「st-catgro ...

IT用語集

論理演算とは

論理演算 論理演算とは、真の値(true:条件が成立)と偽の値(false:条件が成立しない)という2つの値を用いて行う演算のことです。 代表的な論理演算には、「論理積」(AND)、「論理和」(OR)、「否定」(NOT)、排他的論理和(XOR)などがあります。 論理積(AND) 論理積(AND)とは、2つある条件がともに「真」である場合のみ「真」を出力する演算です。 「AかつB」と表現し、論理演算記号では(A・B)または(A∧B)という記号であらわします。 ベン図は次の通り。 また、真理値表であらわすと次 ...

ベン図とは

ベン図 ベン図とは、集合と集合の関係を視覚的に示す図のことです。ベン図は集合の関係性を表すもので、集合演算や論理演算を視覚的にわかりやすく表現する手法として用いられています。 メモ 集合とは、ある条件によってグループ分けされた集まりのこと 集合演算には次のようなものがあります。 スポンサーリンク 積集合(AかつB) 積集合とは、2つの集合に対して両方に入っているものを集めた集合のことです。 例えば、Aという集合と、Bという集合がある場合、AとB両方にあてはまるものを集めた集合のことで、ベン図で表すと次の通 ...

固定小数点数とは

固定小数点数 固定小数点数とは 固定小数点数とは、コンピュータ上で小数を表現する方法の一つで、小数点が特定の位置に固定されているものです。 例えば「10010001」のような8桁のビット列に対して、下から2桁分を小数点以下と決めれば「100100.01」、下から1桁分を小数点以下と決めれば「1001000.1」と表現します。 このように固定小数点数は、あらかじめ小数点が何桁目にくるかを決めてしまう方式です。 それに対して、表現される仮数部に対して小数点の位置が移動する方式を「浮動小数点数」といいます。 小 ...

浮動小数点数を分かりやすく解説

浮動小数点数 浮動小数点数とは 浮動小数点数とは、コンピュータにおける数値を表現する方法の一つで、主に小数点を含む数値を表現するときに利用されています。 浮動小数点数は次のように「符号(正の数が0、負の数が1)」「指数部」「仮数部」の形式で表現します。※32ビットの例 例えば、10進数の「0.01」を2進数に変換すると「0.000000101000111101011100・・・」です。 スポンサーリンク この数値に対して、小数点の位置を調整し最上位桁を0以外にします。この作業を「正規化」といいます。 0. ...

打ち切り誤差とは

打ち切り誤差 誤差とは コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。そうすると「表現できる数の範囲」が決まります。 例えば、32ビット形式の浮動小数点数は、全体は32ビットで構成されています。 このように限られたビット数で数をあらわすため、仮数部で表現できる数の範囲を超えてしまうことがあります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のよ ...

情報落ちとは

情報落ち 誤差とは コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。そうすると「表現できる数の範囲」が決まります。 例えば32ビット形式の浮動小数点数は、全体は32ビットで構成されています。 このように限られたビット数で数をあらわすため、仮数部で表現できる数の範囲を超えてしまうことがあります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のように割 ...

桁落ちとは

桁落ちを分かりやすく解説 桁落ちとは 桁落ちとは、値がほぼ等しく丸め誤差を持つ数値の差を求めた時に、有効数字(位取りを示すだけのゼロを除いた意味のある数字)が大きく減ることによって生じる誤差のことです。 よくわからない・・・ 桁落ちは少し難しいので、例を用いて説明していきます。 スポンサーリンク 桁落ちの計算例 例えば、値がほぼ等しい次の数値の差を求めてみます。※説明のため10進数を例にしています。 √999 ≒ 31.60696125 √997 ≒ 31.57530680 まず小数の計算をするため、浮動 ...

丸め誤差とは

丸め誤差 コンピュータで発生する「誤差」とは? コンピュータは8ビットや32ビットなどのようにあらかじめ決められたビット数の範囲で数をあらわします。 そうすると「表現できる数の範囲」は決まります。表現できる数の最小値を超えることを「アンダーフロー」、最大値の数を超えることを「オーバーフロー」といいます。 例えば、2÷3 = 0.6666666...のように割り切れなくて無限に続く小数のことを「無限小数」といい、このような無限小数は2進数でも存在します。 10進数の0.1を2進数に変換すると 0.00011 ...

© 2020 ITを分かりやすく解説