索引(リ)

2021/1/3

関係データベースとは

関係データベース 関係データベース(リレーショナルデータベース、英:relational database)とは、データを表の形で管理するデータベースのことです。 次の表は関係データベースのイメージ例です。表(テーブル)は行(レコード)と列(フィールド)によって形成されています。 関係データベースには、データ1件が1つの行として記録されます。上記表の例では、次の4レコードがデータとして登録されています。 ID:000001、名前:鈴木太郎、住所:東京都渋谷区 ID:000002、名前:佐藤次郎、住所:大阪 ...

リモート会議

2020/12/4

リモートとは

リモート(remote) リモートとは リモートとは、遠隔(離れた場所にある)を意味する言葉であり、ITの分野では離れた場所にある機械や人がネットワークを通じて結ばれていることを表します。 リモートの対義語は「ローカル」です。例えば、自分が使っているコンピュータのことをローカルマシン(ローカルコンピュータ)といい、離れた場所にあるコンピュータのことをリモートマシン(リモートコンピュータ)といいます。 その他にも手元のコンピュータに直接繋がれた記憶装置を「ローカルストレージ」、コンピュータから離れた場所にあ ...

2020/10/30

リプレースとは

リプレース(リプレイス) リプレースとは リプレース(replace)とは、交換、置換などの意味を持つ英単語であり、古くなったシステムや破損したシステムを新しいものに置き換えることをいいます。 似たような言葉に「マイグレーション」があります。マイグレーションは移行、移動などの意味を持つ英単語であり、既存のシステムやソフトウェアなどを新しいプラットフォームやシステムに移行することです。 リプレースとマイグレーションの違いは、既存のシステムやソフトウェアを新しいプラットフォームやシステムに移行するマイグレーシ ...

2020/12/5

リグレッションテストとは

リグレッションテスト(regression test) リグレッションテストとは、プログラムの一部を修正したことで、これまで正常に動作していた個所に不具合が出ていないかを確認するためのテストです。 「回帰テスト」(回帰:もとの位置 または 状態に戻ること)や「退行テスト」(退行:後ろにさがること)とも呼ばれており、プログラムを修正した後に、他の個所へ影響がないことを検証します。 スポンサーリンク リグレッションテストが必要な理由 例えば、2人(AさんとBさん)が同じソフトウェアのソースを修正していたとしま ...

2020/8/24

リバースエンジニアリングとは

リバースエンジニアリング(reverse engineering) リバースエンジニアリングって何? リバースエンジニアリング(reverse engineering)とは、出荷された製品や既存のソフトウェアを入手して分解や解析などを行い、プログラムの仕様やソースコードを導き出すことをいいます。   上記図は、リバースエンジニアリングの例です。既存のソフトウェアを入手して、逆コンパイル(ソースコードに戻す)、そして、ソースコードからプログラムの仕様を導き出しています。 既にあるソフトウェアを再利 ...

リピータとは

2020/8/24

リピータとは | 分かりやすく図解で解説

リピータとは リピータ(repeater)とは、電気信号の中継器であり、電気信号を受信し弱まったりノイズが入った信号を、 増幅や整形して元の信号に戻す役割を持つネットワーク機器です。 リピーターが扱う信号には、有線通信における電気信号、光信号や無線信号があります。 上記図のように、電気信号は弱まったりノイズが入ったりします。リピータを中継することで、弱まった電気信号を元の信号と同じ強さ、同じ形に戻すことができます。   リピータは「10BASE-2」や「10BASE-5」「10BASE-T」とい ...

リスクベース認証とは

2020/8/24

リスクベース認証とは

リスクベース認証とは リスクベース認証とは、インターネットバンキングなどでよく使われる認証技術で、普段アクセスしている端末情報(IPアドレスなど)やアクセス時間、位置情報等のアクセス履歴などを元に「不正アクセスの可能性があり(高リスク)」と判断された場合に、追加認証を行う技術です。   例えば、上記図のような流れとなり、悪意のあるユーザーからの不正アクセスを防ぐことができます。 IDとパスワードを入手した悪意のあるユーザーが海外からアクセス 普段、東京からアクセスしているユーザーの為、リスクベー ...

© 2021 ITを分かりやすく解説