索引(ニ)

2021/3/20

二分探索とは

二分探索 二分探索(にぶんたんさく)とは、探索のアルゴリズムの1つです。 配列やリストのような複数のデータが格納されている箱の中から、目的のデータを探し出すのが探索であり、この探索の代表的なアルゴリズムには「線形探索法」「二分探索法」「ハッシュ法」などがあります。 本記事では、探索対象の配列やリストを「昇順」または「降順」に並び替えて探索する「二分探索」について紹介しています。 スポンサーリンク 二分探索の手順(データが見つかる場合の例) 二分探索は「昇順」または「降順」に並んでいる配列やリストに対して探 ...

2020/10/7

2の補数を分かりやすく解説

補数とは 補数とは「補う数」という意味で、「基数の補数」と「減基数の補数」という2種類の補数が存在します。 スポンサーリンク 基数の補数 基数の補数とは「足すと桁が1つ上がる数のうち最も小さい数」のことです。 例えば、10進数の「4」という数に「6」を足すと、桁が1つ上がり「10」となり、「6」は10進数における「4」に対する「10の補数」といいます。 2進数では「2の補数」といい、コンピュータでは負の数をあらわすために使われています。 基数の補数は次のように求めることができます。 [10進数の例] 4の ...

2020/10/10

2進数を分かりやすく解説

2進数とは 動画でも紹介していますので、よろしければご覧ください。 2進数って何のためにあるの? コンピュータが扱う最小単位は「ビット」(bit)です。1ビットで表現できる数字は、「0」と「1」の2つだけであり、この「0」と「1」という2個の数字で数をあらわすのが2進数です。 コンピュータは、この「0」と「1」の集まりしか理解できません。そのためコンピュータでは、2進数の集まり(バイナリデータ)でデータを表現します。 私たち人がものを数える時には、「0」~「9」という10個の数字を使います。この10個の数 ...

© 2021 ITを分かりやすく解説