Webマーケティング

ブランディングとは

ブランディング

ブランディングとは

ブランディング(英:branding)とは、ブランドの価値やイメージを高く認知してもらうために行う取り組みのことです。

ブランドとは、ある商品を別の類似商品と区別するための要素です。商品のデザインやブランドロゴ、シンボルマーク、商標、名称、キャッチフレーズなど、さまざまな要素が組み合わさってブランドを形作ります。

そして、この「ブランド」の価値やイメージを消費者に高く認知してもらうための取り組みが「ブランディング」です。

ブランドは高級品だけではない

ブランドと聞くとバッグや時計などの高級品を連想してしまう人も多いと思いますが、ブランドは高級品のためだけの概念ではありません。

ブランド

例えば、お菓子で有名な「カルビー」には、「ポテトチップス」「じゃがりこ」「かっぱえびせん」「ベジたべる」など、さまざまなブランドが市場で広く認知されています。

CMで流れる「カルビーのポテトチップス」というメロディーを聞いたことがあるという人は多いと思います。このブランド戦略により"ポテトチップスといえばカルビー"という意識が市場に広く浸透したのです。

なぜブランディングが必要なのか

ブランディングは、企業のマーケティングにおいて必ず実施しなければならない活動というわけではありません。

ブランディングにはコストがかかります、市場に新しいブランドを確立するにはさまざまな活動が必要です。そのためブランディングを実施しない企業もあります。

 

では、なぜブランディングを実施するのでしょうか。

ブランディングを実施することで、類似商品と差別化できるメリットがあります。その結果「○○というえばあの商品」という意識を消費者に持ってもらうことができます。

例えば「ポテトチップスといえばカルビー」「コーヒーといえばスターバックス」という意識を持っている人は多いと思います。

このようにブランドイメージが認知されれば、マーケティング活動全般においても継続して大きな効果が期待できます。