プログラム

Visual Basic .NET(VB.NET)とは

Visual Basic .NET(VB.NET)

Visual Basic .NET(ヴィジュアル ベーシック ドットネット)とは、マイクロソフト社が開発したプログラミング言語であるVisual Basicのうち.NET環境で動作するプログラムを開発するためのものです。

「Visual Basic .NET」は.NET環境に対応していない旧来の「Visual Basic(VB6)」の後継バージョンです。

Visual Basic .NETの特徴

C++やC#、Javaなどの言語に比べて、Visual Basic(VB)やVisual Basic .NET(VB.NET)は文法が自然言語(人間が生活のなかで普通に使っている言語)に近いため、比較的習得しやすいプログラミング言語といわれています。

Visual Basic .NET(VB.NET)は、マイクロソフト社が推奨している.NET環境で動作するように開発された言語であり .NETの標準的な実行環境である.NET Framework上で動作します。

また、基本的な構文などは旧バージョンのVisual Basic 6.0(VB6)から引き継いでいるものの、本格的なオブジェクト指向言語に変わっており、旧バージョンから大きな変更が実施されています。

スポンサーリンク

Visual Basic .NETのバージョン

Visual Basic .NETには次のようなバージョンがあります。

Visual Basic 2005以降から.NETという名前がなくなり、.NET環境に対応していない旧バージョンと同じ「Visual Basic」や「VB」という名称に変わっていますが .NETベースであることに変わりはありません。

リリース 名称 備考
2002年 Visual Basic .NET (VB.NET 7.0) .NET Framework 1.0に対応
2003年 Visual Basic .NET 2003 (VB.NET 7.1) .NET Framework 1.1 に対応
2005年 Visual Basic 2005 (VB 8.0) .NET Framework 2.0 に対応
2007年 Visual Basic 2008 (VB 9.0) .NET Framework 3.5 に対応
2010年 Visual Basic 2010 (VB 10.0) .NET Framework 4.0 に対応
2012年 Visual Basic 2012 (VB 11.0) .NET Framework 4.5 に対応
2013年 Visual Basic 2013 (VB 12.0) .NET Framework 4.5.1 に対応
2015年 Visual Basic 2015 (VB 14.0) .NET Framework 4.6 に対応
2017年 Visual Basic 2017 (VB 15.x) Visual Basic 15の言語機能を拡張したバージョン
2019年 Visual Basic 2019 (VB 16.0) .NET Core に重点を置いた バージョン

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら