プログラム

TypeScriptとは

TypeScript(タイプスクリプト)

TypeScriptとは、マイクロソフト社が2012年に開発したプログラミング言語で、JavaScriptのスーパーセットです。

スーパーセットとは「上位互換」のことで、JavaScriptが持つ機能を維持しつつ、TypeScriptとしての新しい機能を追加した言語という意味です。

TypeScriptはそのまま実行するのではなく、トランスコンパイラと呼ばれるものでJavaScriptプログラムに変換してから実行します。

トランスコンパイラのイメージ例

TypeScriptの特徴

静的型付け

TypeScriptの特徴は「静的型付け」が利用できる点です。

  • 静的型付け:値やオブジェクトの型安全性をコンパイル時に検証する
  • 動的型付け:値やオブジェクトの型安全性を実行時に検証する

JavaScriptは「動的型付け」です。そのため、宣言時にデータ型を指定しなくても、JavaScriptが実行されるタイミングで自動的にデータ型が設定されるという特徴を持ちます。

let test = 10;

例えば、上記のコードを書いた場合、変数「test」のデータ型は Number(数値)です。

これはJavaScriptが、変数に代入されている「10=数値」というのを認識し、自動的にデータ型を「Number」にしています。これが「動的型付け」です。

 

そして TypeScriptは「静的型付け」です。そのため、次のように宣言時にデータ型を指定します。

let test : number = 10;

実行時に動的にデータ型が決まる「動的型付け」とは違い、「静的型付け」はコードを書いた時点でデータ型が決まります。その結果、指定した型以外の値が入っている場合はコンパイルエラーが発生します。

let test : number = "a";   ← コンパイルエラーになる

コンパイル時にエラーが出力されるので、プログラムを実行する前にバグの存在を知ることができます。

JavaScriptの上位互換

TypeScriptは、JavaScriptのスーパーセット(上位互換)です。そのため、JavaScriptのコードをそのままTypeScriptのコードとしても利用できます。

またTypeScript独自の構文も、JavaScriptの構文に似ているため、JavaScriptの知識を流用しながらコーディングすることができ、JavaScriptからの移行コスト(学習コスト)は非常に低いです。

TypeScriptは、JavaScriptで大規模アプリケーション開発をする上での欠点を補うために作られた言語のため、大規模のアプリケーション開発に向いています。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら