プログラム

JavaScriptとは

JavaScript(ジャバスクリプト)

JavaScriptとは、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語です。

インターネット上で表示されているWebページは、HTML(HyperText Markup Language)という書式で書かれています。HTMLだけでもWebページを作成することはできますが、Webページに動きを加えたり、ダイアログを表示したり、イベント処理を実装したりと、JavaScriptを使うことでWebページにさまざまな機能を実装することができます。

フロントエンドとは

利用するユーザーが直接目に触れる部分であるフロントエンド(クライアント側)の開発を行うエンジニアのことをフロントエンドエンジニアといい、フロントエンドの開発で利用する言語には「HTML」「CSS」「JavaScript」などがあります。

JavaScriptの歴史

スポンサーリンク

Webブラウザ上で動作する言語として登場

JavaScriptは1995年、ブレンダン・アイク氏により開発されたプログラミング言語であり、当時利用されていたWebブラウザ「Netscape Navigator 2.0」に実装されていました。

開発当初は「LiveScript」という名前でしたが、1995年にサン・マイクロシステムズ(現・オラクル)が開発したプログラミング言語である「Java」が当時大きな注目を浴びており、またブレンダン・アイク氏が所属していた会社(ネットスケープコミュニケーションズ)とサン・マイクロシステムズが業務提携していた事もあり「JavaScript」という名前に変更しています。

JavaとJavaScriptは名前が似ていますが、異なるプログラミング言語です。

急速に普及

1996年にはマイクロソフト社のInternet Explorer 3.0に搭載され、その手軽さからJavaScriptは急速に普及、さらに2000年頃には、GoogleやAmazonなどもJavaScriptを積極的に利用しています。

高速化が進み、サーバサイドでも利用されるようになる

JavaScriptは当初インタプリタ方式を採用していたため実行速度はそこまで速くなかったが、現在では実行時コンパイラ(JITコンパイラ)などを採用しており高速化が進んでいます。

またサーバサイドのJavaScript実行環境である「Node.js」の登場により、クライアントサイド(フロントエンド)だけでなく、サーバサイド(バックエンド)でもJavaScriptが利用されるようになっています。

JavaScriptの特徴

非同期での通信ができる

JavaScriptの「Ajax」を使うことで簡単に非同期通信が可能です。

本来 Webページの内容を書き換えるには、Webページを再読み込みする必要があります。しかし「Ajax」を使い非同期通信することで、Webページ上の一部分だけを更新することが可能です。

例えば「Google Map」のような地図サービスは、地図を動かすと次々と新しい地図が表示されます。(その都度地図を再表示するのではなく、地図を表示したまま必要な部分だけが更新される)

このようにJavaScriptを利用することで、Webページを再読み込みしなくても必要な部分だけをリアルタイムに更新することができます。

便利なライブラリやフレームワークが用意されている

JavaScriptには「jQuery」や「React」のような便利なライブラリ、「Vue.js」や「AngularJS」のようなフレームワークが用意されています。

便利なライブラリやフレームワークを利用することで、より効率的に開発することができます。

Webブラウザ上で動作するプログラミング言語

サーバサイドのJavaScript実行環境である「Node.js」の登場により、クライアントサイド(フロントエンド)だけでなく、サーバサイド(バックエンド)でもJavaScriptが利用されるようになっていますが、JavaScriptはWebブラウザ上で動作するプログラミング言語です。

そのためWebページに動きを加えたり、ダイアログを表示したり、イベント処理を実装したりと、JavaScriptを使うことでWebページにさまざまな機能を実装することができます。

またJavaScriptは、オブジェクト指向のプログラミング言語です。