プログラム

PHPとは

PHP(ピー・エイチ・ピー)

PHPとは、Webアプリケーションの開発を得意とするプログラミング言語です。

PHPの最初のバージョンは1995年にラスマス・ラードフ氏により公開され、当初は「Personal Home Page Tools」の略とされていましたが、「Personal Home Page Tools」だと個人用という印象があるため、1998年のPHP 3.0からは「PHP: Hypertext Preprocessor」という表記が用いられるようになっています。

ラスマス・ラードフ氏自身のWebサイトで簡単な動的Webページを作成するために作られた言語のため、当初は「Personal Home Page Tools」と名付けられていました。

PHPの特徴

サーバサイドのスクリプト言語

インターネットを利用して閲覧しているWebページは「HTML」(HyperText Markup Language)という書式で書かれたテキストファイルであり、PHPはこの「HTML」の中にプログラムを直接書き込むことができるスクリプト言語です。

スクリプト言語には「サーバサイドスクリプト」と「クライアントサイドスクリプト」があります。

サーバサイドスクリプト

サーバサイドスクリプトは、Webサーバ側で実行するスクリプトです。クライアントからの要求に対してWebサーバ側で処理を行い、クライアントに応答(Webページを表示するためのHTML)を返却します。

サーバサイドスクリプトには「PHP」「Perl」「Python」「Ruby」などがあります。

スポンサーリンク

クライアントサイドスクリプトは、クライアント側で実行するスクリプトです。代表的なクライアントサイドスクリプトにはJavaScriptがあり、Webサーバに処理を依頼するのではなく、クライアント側でWebページの表示制御を行います。

Web開発が得意

PHPは元々動的Webページを作成するために作られた言語のためWeb開発が得意です。そのため、WebアプリケーションやWebサービスなど、Web系の開発で利用されています。

Webサイトやブログの作成などが簡単にできる「WordPress」はPHPで作られているため、PHPを知っているとより高度なカスタマイズができます。

オブジェクト指向言語

PHPはオブジェクト指向言語です。2004年のPHP 5.0からオブジェクト指向の機能が本格的に導入されています。

オブジェクト指向とはプログラミング設計や実装の考え方のひとつであり「機能を部品化し、部品を組み合わせてプログラムを完成させる」という考え方です。

オブジェクト指向言語にはPHPの他にJavaやC++、Ruby、Pythonなどがあります。

フレームワークが充実している

フレームワークとは、システム開発をする際の土台となる部分であり、システム開発の効率を上げるために用意されたものです。PHPはこのフレームワークが充実しています。

PHPには主に次のようなフレームワークがあります。

  • Laravel
  • CakePHP
  • Symfony
  • CodeInteger
  • FuelPHP
2011年に登場したLaravel(ララベル)が注目を集めています。※2022年6月時点