プログラム

Perlとは

Perl(パール)

Perl(パール)とは、1987年にラリー・ウォール氏によって開発されたプログラミング言語です。

UNIXでの簡易なテキスト処理プログラムやシステム管理プログラムを開発する言語として人気を集め、更にインターネットが普及し始めると、Webサーバで動的にプログラムを実行して結果をWebページとして送信するCGI(Common Gateway Interface)の開発言語として広く普及していました。

しかし、その後「PHP」や「Ruby」「Python」「Java」など様々な言語の登場により、Perlの需要は減ってきています。

Perlは元々真珠を意味する「Pearl」と名付けられるも、Perlの正式なリリースの前に既に「Pearl」という名前の言語が存在することに気づき「Perl」という名になったといわれています。

Perlの特徴

記述が読みやすい

Perlはスクリプト言語です。スクリプト言語は習得するのを簡単にするために工夫された言語であり、ソースコードを書けばすぐに実行できるのが特徴です。

そのため、比較的記述が読みやすく習得しやすい言語です。

またPerlは、コンパイルが不要なインタプリタ方式の言語です。スクリプト言語のほとんどがインタプリタ方式を採用しています。

テキスト処理が得意

Perlはテキスト処理を得意とするプログラミング言語です。

文字列の結合、切り出し、置換や正規表現によるマッチングなどが柔軟に行うことができます。

C言語とシェルに似た文法

Perlの基本的な文法や記法は、C言語やシェルスクリプトに似ています

C言語に影響を受けたプログラミング言語は非常に多く、Perl以外にも「C++」「Java」「C#」「Objective-C」など、多くのプログラミング言語がC言語から派生して開発されています。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら