プログラム

VBA(Visual Basic for Applications)とは

VBA(Visual Basic for Applications)

VBA(ブイビーエー)とはVisual Basic for Applicationsの略で、Microsoft Officeに搭載されているプログラミング言語のことです。

マイクロソフト社が1990年代に開発していたプログラミング言語である「Visual Basic」をMicrosoft Office(Excel、Access、Word、Outlook、PowerPointなど)に搭載したものがVBAです。

VBAの用途

VBAを利用することで、定型業務(定常的に発生していて、業務の流れや手順が決まっている業務)や特定の作業を自動化することができ、業務の効率化、そして人的ミスの削減が期待できます。

例えば、Excelを利用して毎回決まった内容を手作業で入力していた業務を、VBAで自動化することができます。

またVBAを使わなくても、Excelにはマクロという操作手順を記録して再生する機能があります。このマクロを利用することでプログラミング言語(VBA)の知識がなくても、定型業務の自動化がおこなえます。

マクロで操作を記録したり実行したりするとき「VBA」が使われています。そのため マクロは、VBAを簡単に使うための機能といえます。

VBAのバージョン

VBAには次のようなバージョンがあります。

名称 説明
VBA 1993年にMS Excel 5.0に搭載された最初のバージョン。
VBA 4.0 1996年に発売。
VBA 5.0 1997年にMS Office 97に搭載。
VBA 6.0(VBA 6.1) 1999年に発売。
VBA 6.2 Office 2000 SR-1に搭載。
VBA 6.3 VBA 6.3はOffice XPに搭載。
VBA 6.4 Office 2003に搭載。
VBA 6.5 Office 2007に搭載。
VBA 7.0 Office 2010に搭載。
VBA 7.1 Office 2013、Office 2016、および Office 2019に搭載。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら