プログラム

VBScriptとは

VBScript(ブイビースクリプト)

VBScript(Microsoft Visual Basic Scripting Edition)とは、マイクロソフト社がVisual Basicを元に開発したスクリプト言語です。

スクリプト言語とは、簡易的なプログラミング言語のことです。

VBScriptの歴史

JavaScripに対抗するものとして登場

1996年、当時利用されていたWebブラウザ「Netscape Navigator」に実装されたJavaScriptに対抗するものとして、マイクロソフト社が開発したのがVBScriptであり、VBScriptは「Internet Explorer 3.0」に実装されて登場しています。

しかし、VBScriptが「Internet Explorer」上でしか動かなかったことなどから、Webブラウザのスクリプト言語にはJavaScriptが使われるのが一般的となり、この分野でVBScriptはあまり使用されなくなっています。

ASPやWSHの標準言語として活躍

その後、Windows Server標準のWebサーバであるInternet Information Server(IIS)上で動的にWebページを生成する技術であるActive Server Pages(ASP)や、Windows上でスクリプト言語を直接実行することができるWindows Scripting Host(WSH)の標準言語としてVBScriptが採用されています。

役割を終えつつある

2000年代半ばになるとマイクロソフト社がMicrosoft .NETを推進し始め、ASP.NETなどではVBScriptがサポートされなくなり、Webブラウザ「Internet Explorer」でも最終バージョン11ではVBScriptが実行できなくなり、後継のMicrosoft Edgeでもサポートされていません。

また、Windows Scripting Host(WSH)もWindows PowerShell へ移行したため、VBScriptは役割を終えつつあります。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら