IT用語 ブログ

【初心者向け】Googleアドセンスとは?仕組みを図解で解説

Googleアドセンスとは

Googleアドセンスとは、ウェブサイトやブログを使って稼ぐことができる「クリック報酬型広告」と呼ばれるGoogleが提供する広告配信サービスです。

ウェブサイトやブログにGoogleアドセンスのタグを貼り付けるだけで、ウェブサイトやブログの読者に対して最適な広告が自動で表示されます。そして表示された広告を読者がクリックするたびにサイト運営者に報酬が支払われる仕組みです。

次の図はGoogleアドセンスのイメージ例です。

Googleアドセンスのイメージ例

サイト運営者はウェブサイトやブログに記事を書いて、Googleアドセンスのタグを貼り付けるだけです。あとはGoogleが読者に最適な広告を自動で表示してくれます。

読者にとって最適なものが表示されるため、高いクリック率が期待できます。そして表示された広告を読者がクリックするたびにサイト運営者に報酬が支払われます。

Googleアドセンスとアフィリエイトの違い

Googleアドセンス以外でウェブサイトやブログを使って広告収入を得る方法にはアフィリエイトがあります。

アフィリエイトについて詳しく知りたい方はこちら

アフィリエイトの始め方と仕組みを分かりやすく解説

Googleアドセンスとアフィリエイトの違いは次のとおりです。

成果報酬型とクリック報酬型

Googleアドセンスは「クリック報酬型」と呼ばれる広告で、読者が広告をクリックするだけで報酬が発生します。

それに対しアフィリエイトは「成果報酬型」と呼ばれる広告で、読者が広告をクリックし、その広告の商品を購入または契約したときに報酬が発生します。

アドセンスとアフィリエイトの違い1

  • Googleアドセンス:クリック報酬型広告
  • アフィリエイト:成果報酬型広告

Googleアドセンスの広告は自動配信

Googleアドセンスは、ウェブサイトやブログの任意の場所にGoogleアドセンスのタグを貼り付けるだけで、読者に最適な広告を自動で表示してくれます。

広告枠に表示する内容はGoogleが判断するため、サイト管理者は広告を意識した記事を書く必要はありません。書きたい記事を書くだけです。

スポンサーリンク

一方、アフィリエイトはサイト管理者が紹介したい広告を選んでウェブサイトやブログに広告を設置します。そのため、サイト管理者は広告を意識した記事を書く必要があります。

アフィリエイトは「成果報酬型」の広告です。商品購入やサービス利用してもらうには「読者の興味をひく記事を書くこと」が重要です。

アドセンスとアフィリエイトの違い2

Googleアドセンス

  • 広告内容はGoogleが決める。広告を意識する必要がなく書きたい記事が書ける

アフィリエイト

  • 広告内容はサイト管理者が決める。広告を意識した記事を書く必要がある

Googleアドセンスで広告収入を得るまでの流れ

STEP1:Googleアドセンスに申し込む

まずウェブサイトやブログの運営者はGoogleアドセンスに申し込みを行います。

Googleアドセンスには、広告主(主に企業)も登録しているため、Googleアドセンスの審査に通れば、Googleアドセンスに登録している広告主の広告を配信できます。

Googleアドセンスに申し込む

STEP2:Googleアドセンスの審査

Googleアドセンスには厳しい審査があります。

ウェブサイトやブログを作って「Googleアドセンスに申し込む」だけでは、Googleアドセンスの広告は掲載できません。Googleアドセンスの厳しい審査に合格する必要があります。

Googleアドセンスで収益を得たいと考えている人にとって「最初の壁」といえるのがGoogleアドセンスの審査です。

Googleアドセンスの審査に合格

STEP3:記事を投稿する

Googleアドセンスの審査に合格したら、広告を表示したい位置にGoogleアドセンスのタグを張り付けて記事を投稿するだけです。

記事を投稿したら、あとはGoogleが読者に最適な広告を自動で表示してくれます。そして、読者が広告をクリックするたびにサイト運営者に報酬が支払われます。

ブログに記事を書く

またGoogleアドセンスには、自動広告という便利な広告があります。自動広告では「記事内のどの場所に広告を入れるか」「どの種類の広告を表示するか」など、Googleが自動で判断し広告を表示してくれます。自動広告を利用することでサイト運営者は、広告をどの位置に表示するかなどの検討をする必要がなくなり、記事を書くことに集中できます。

STEP4:Googleから報酬を受け取る

Googleアドセンスの支払いは月単位で行われます。1 か月間の報酬がお支払い基準額に到達していれば、Googleからの報酬を受け取ることができます。

Googleアドセンスで収益を得る

Googleアドセンスで得られる収益はどのくらい?

Googleアドセンスの収益をアップさせるためには、とにかくPV(ページ ビュー:ページが表示される回数)を上げることです。

月のPV数に対する収益目安は次のとおりです。

月間PV数 収益額目安
1万PV 3,000円
3万PV 9,000円
5万PV 15,000円
10万PV 30,000円
20万PV 60,000円
30万PV 90,000円
40万PV 120,000円
50万PV 150,000円
100万PV 300,000円

※サイトやジャンルにより広告単価が異なるため、あくまでも目安です。

Googleアドセンスで収益をアップさせるためのコツ

Googleアドセンスで収益を得るために必要なのは、まずウェブサイトやブログの読者を集めることです。Googleアドセンスの審査に合格したからといって、読者が集まらなければ収益は発生しません。

そして、読者を集めるために有効な手段が「SEO」です。SEOとは検索エンジン最適化のことで、Googleなどの検索エンジンで検索したとき、上位に表示させるための対策です。

ウェブサイトやブログで継続的にアクセスを集めるためには、Google検索など検索エンジンから読者を集める対策が必要です。

それでは、基本的なSEO対策を紹介します。

記事タイトルの最適化

SEO対策の中でも重要なのが「記事タイトル」です。「検索キーワード」を意識した記事タイトルをつけることが重要です。

例えば、妊娠の記事を書いてタイトルを「妊娠」としたとします。

「妊娠」というキーワードでGoogle検索してみましょう。検索した結果、上位に表示されるサイトを確認します。この上位に表示されるサイトがライバルです。ライバルサイトに勝る内容を書いているのであれば、タイトルは「妊娠」のままでも良いですが、妊娠のようなビッグキーワードは激戦区なので上位表示は至難の業です。

スポンサーリンク

そこで、まずはロングテールキーワードを狙います。ロングテールキーワードとは、複数キーワードの組み合わせで構成された、検索キーワードのことです。

例えば、次のようなタイトルを付けたとします。

妊娠初期のつわりがつらい - つわりを軽くするための対処法

このタイトルには「妊娠」「初期」「つわり」「つらい」「対処法」という複数のキーワードが含まれています。Googleなどの検索エンジンで「妊娠 初期 つわり つらい」や「妊娠 初期 つわり 対処法」と検索したときに表示されるのを狙ったタイトルです。

このように「検索キーワード」を意識してタイトルをつけることが大切です。

ロングテールキーワードは競合が少ないため、ビッグキーワードに比べ上位表示が狙いやすいです。まずはロングテールキーワードで上位表示を目指しましょう。

見出しの最適化

見出しとは、記事内容が一見してわかるように、文章の前に示す簡単なタイトルのことです。

見出しは検索エンジンが文章構造を理解できるように<h1><h2><h3>などの「hタグ」を使います。

hタグ 説明
h1 大見出し(記事のタイトル)
h2 中見出し(章のテーマ)
h3 小見出し(章内のポイント)
h4~h6 超小見出し(さらに細かい分類や補足)

大見出しにh1タグ、中見出しにh2タグ、次の小見出しにh3タグのように順番通りに使い、階層構造を意識しましょう。

例えば、本記事は次のような階層構造で記事を書いています。

見出しの付け方

このように見出しを使って構成することで、検索エンジンだけでなく読者にとっても読みやすい記事を書くことができます。

WordPressの有料テーマを使う

WordPressでウェブサイトやブログを運営しているのであれば、WordPressの有料テーマを利用するのもひとつの手段です。

WordPressの有料テーマにはSEO対策が充実しているテーマが多く存在します。例えば、本サイトが利用している「AFFINGER6」はSEO対策に強いテーマと言われています。

本格的に収益化を目指しているのであれば、WordPressの有料テーマを検討してみてはいかがでしょうか。