Webマーケティング

ミドルキーワードとは

ミドルキーワード

ミドルキーワードとは

ミドルキーワードとは、ビッグキーワードとロングテールキーワード(スモールキーワード)の中間にあたるキーワードで、検索数や競合数なども中程度のボリュームのキーワードのことです。

具体的な検索ボリュームとしては、月間で1,000~10,000回の間で検索がされているため、競合性も高すぎず、上位表示が狙いやすいキーワードです。

ここがポイント

  • ビッグキーワード:月間平均検索ボリュームは10,000以上、主に1語で構成されるキーワード
  • ミドルキーワード:月間平均検索ボリュームは1,000~10,000、主に2語で構成されるキーワード
  • ロングテールキーワード(スモールキーワード):月間平均検索ボリュームは1,000未満、3語以上で構成されるキーワード

スポンサーリンク

ミドルキーワードの特徴

比較的上位表示が狙いやすい

ミドルキーワードは比較的上位表示が狙いやすいキーワードです。

例えば「妊娠」というビッグキーワードは毎月たくさんの人が検索しています。そのため、ビッグキーワードで上位表示されれば、Webサイトへの集客がたくさん見込めます。

しかし、ビッグキーワードは企業サイトや優秀な個人サイトが上位を占めており、さらに競合サイトの数も多いため、検索順位で相手より上位表示させることは非常に困難です。

それに対し「妊娠 10週」というミドルキーワードは、ビッグキーワードの比べ競合サイト数が少ないため、比較的上位表示が狙いやすいという特徴があります。

ビッグキーワードに比べ上位表示が狙いやすいミドルキーワードですが、上位表示が簡単にできるわけではありません。そこでコンバージョン率が高いロングテールキーワード(スモールキーワード)で上位表示を目指すことも大切です。

ビッグキーワードとロングテールキーワード

上位表示されれば、それなりの集客が見込める

ミドルキーワードは、ビッグキーワードとロングテールキーワード(スモールキーワード)の中間にあたるキーワードで、検索数や競合数なども中程度のボリュームがあります。

そのため、ミドルキーワードで上位表示されれば、それなりの集客が見込めます。

ミドルキーワードの月間平均検索ボリュームは1,000~10,000の間です。ビッグキーワードの検索ボリュームに比べると少ない数値ですが、十分集客が見込める数値です。

ビッグキーワードでの上位表示はハードルが高いので、ミドルキーワードやロングテールキーワードで上位表示を目指しましょう。