Webマーケティング

コンバージョンとは

コンバージョン

コンバージョンとは

コンバージョン(英:Conversion、略称:CV)とは、Webサイト上で獲得する「成果」を意味する言葉で、Webマーケティング分野においては、ゴールとなる重要な指標のひとつです。

Webマーケティングとは、Webを中心に行うマーケティング活動(市場調査、販売戦略など売上を上げるための活動)のことです。

コンバージョンとは本来「変換・転換」といった意味の英単語で、Webサイトに訪れた利用者が何かしらのアクションを起こし、その行動が成果に「転換」することから、WebマーケティングではWeb上で獲得する「成果」をコンバージョンを呼ぶようになっています。

例えば、製品のカタログを掲載したWebページに利用者が訪れ、その製品の資料請求をするという行動を取ったとき「コンバージョンに至った」「CVが達成された」などと表現します。

スポンサーリンク

コンバージョンの具体的な例

コンバージョンはWebサイト上で獲得する「成果」です。ただ目指すべき成果はWebサイトごとに異なります。

コンバージョンの例 主なWebサイト 説明
商品やサービスの購入 ECサイト ネットショップなどのECサイトは、商品やサービスを購入してもらうのが目的です。
「商品やサービスの購入」=「コンバージョン」
お問い合わせ 企業サイトなど 商材が高額だったり、コミュニケーションが不可欠な場合は、Webサイトから直接購入するのは難しいものがあります。
建築・土木業や不動産業などがその典型例です。
この場合は企業のWebサイトなどからお問い合わせしてもらうのが目的です。
「お問い合わせ」=「コンバージョン」
資料請求・無料体験 ECショップ、企業サイトなど 商品カタログなど、資料請求してもらうことで、商品を知ってもらうことができ、さらに顧客の連絡先が入手できるので、今後につながります。
また健康食品や美容品などは無料体験の試作品を送ることで、新規の顧客獲得につながります。
「資料請求や無料体験の試作品」=「コンバージョン」
採用の申し込み 企業サイトの求人サイト 企業の求人サイトは正社員の採用申し込みをしてもらうのが目的です。
「採用の申し込み」=「コンバージョン」

上記表以外にもWebサイトによって獲得したい「成果」(コンバージョン)は異なるため、いろいろなコンバージョンが存在します。

またWebサイトにおけるコンバージョンはひとつとは限らず、複数設定しても問題ありません。例えば「資料請求」と「商品の販売」と「イベントの申し込み」などを同時に設定することも可能です。自社サイトの目的によって、最終的な成果は何かを見極め適切なコンバージョンを設定しましょう。