Webマーケティング

コンバージョン率(CVR)とは

コンバージョン率(CVR)

コンバージョン率とは

コンバージョン率(英:Conversion Rate、略称:CVR)とは、Webサイト上で獲得する成果(CV)の達成割合を示す指標のことです。

コンバージョンとは、Webサイト上で獲得する「成果」のことです。目指すべき成果はWebサイトごとに違います。

例えばネットショップでは、商品やサービスを購入してもらうことが成果につながります。そのため、ネットショップのコンバージョンは「商品やサービスを購入してもらう」ことです。

資料請求が成果につながる保険会社のWebサイトなどでは、ユーザーに資料請求してもらう操作がコンバージョンです。

その他にも「採用の申し込み」が成果につながる企業の求人サイトは、ユーザーに「採用の申し込み」をしてもらう操作がコンバージョンです。

このようにコンバージョンはWebサイトごとに異なり、このコンバージョンの達成割合をわかりやすく数値にしたのがコンバージョン率です。

Webサイトへのアクセス数が多くても、コンバージョン率が高くないと成果は上がりません。コンバージョン率を調べることでWebサイトの課題や問題点がわかり、Webサイト運営の改善につながります。

ポイント

コンバージョン数(CVR):Webサイト上で獲得する成果をわかりやすく数値化したもの

コンバージョン率の求め方

コンバージョン率(CVR)は次の計算式で求められます。

CVR (%)=コンバージョン数 ÷ サイトへの訪問数 (セッション数) × 100

例えば、ショッピングサイトが100回表示され、商品が3つ売れたのであれば、コンバージョン数は3、サイトへの訪問数は100です。

これを計算式にあてはめるとコンバージョン率は3%(3 ÷ 100 × 100)と求められます。

スポンサーリンク

また、Web広告の場合は次の計算式でコンバージョン率(CVR)を求めます。

CVR (%)=コンバージョン数 ÷ 広告のクリック数 × 100

例えば資料請求を目的とした広告の場合、100回広告がクリックされ、そのうち資料請求が5回発生したのであれば、コンバージョン数は5、広告のクリック数は100です。

これを計算式にあてはめるとコンバージョン率は5%(5 ÷ 100 × 100)と求められます。

 

コンバージョン率は、一般的には2~3%程度が目安といわれていますが、何をコンバージョンとして設定するのかによってコンバージョン率の数値は大きく変動します。

例えば、無料で行えるような「資料請求」「会員登録」などを成果として設定している場合は、ユーザーにとってハードルが低く、コンバージョン率は高めです。一方「商品購入」や「サービスの契約」などはユーザーにとってハードルが高く、コンバージョン率は低くなる傾向にあります。