Webマーケティング

【初心者向け】アフィリエイトとは?始め方と仕組みを図解で解説

アフィリエイトとは

アフィリエイトとは、ウェブサイトやブログを使って稼ぐことができる「成果報酬型広告」と呼ばれるインターネット広告手法のひとつです。

YouTubeで稼ぐ人のことを「ユーチューバー」と呼ぶのと同じで、アフィリエイトで稼ぐ人のことを「アフィリエイター」といいます。

次の図はアフィリエイトのイメージ例です。

アフィリエイトのイメージ例

企業の商品やサービスを「アフィリエイター」がウェブサイトやブログで紹介し、それを見た読者が購入・契約すると「アフィリエイター」に成果報酬が入るという仕組みです。

アフィリエイトは無料で始められる

アフィリエイト運営に必要なものは、ウェブサイトやブログだけです。ウェブサイトやブログを持っている人であれば簡単にアフィリエイトを始めることができます。

アフィリエイトを開始するのに費用はかかりません。初期費用だけでなく、始めたあとも費用は発生しません

このように気軽に始められるのがアフィリエイトの魅力です。

アフィリエイトは専門知識不要!誰でもできる

アフィリエイトを始めるのに特別なスキルは必要ありません。

例えば、YouTubeであれば動画編集などのスキルが必要です。しかしアフィリエイトはこれまで通りウェブサイトやブログに記事を書くだけです。特別なスキルを必要としません

ただアフィリエイトで成果報酬を得るには、ウェブサイトやブログを書く上で必要なスキルである「ライティングスキル」を磨く必要があります。

アフィリエイトの仕組み

それではアフィリエイトの仕組みを解説していきます。

アフィリエイトは「企業(広告主)」「ASP」「アフィリエイター」「ウェブサイトやブログの読者」の4者で構成されています。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダの略)とは、アフィリエイトの仕組みを提供している仲介企業のことであり、「企業(広告主)」と「アフィリエイター」の間に立ち、企業が登録している広告を「アフィリエイター」が配信できるように、システムの提供や成果報酬の支払い代行などをおこないます。

【流れ1】アフィリエイターが商品を紹介する

広告を配信したい企業(広告主)はASPに登録します。そして、企業の広告を利用したいアフィリエイターもASPに登録します。

アフィリエイターはASPに登録されている企業(広告主)の中から、紹介したい企業の商品やサービスを選び、自身のウェブサイトやブログで紹介します。

アフィリエイターが商品を紹介

【流れ2】読者が商品を購入する

アフィリエイターが書いているウェブサイトやブログの読者が、アフィリエイト広告をクリックし商品やサービスを購入または契約した場合、アフィリエイターに成果報酬が入ります。

【流れ3】成果報酬はASPからアフィリエイターに振り込まれる

成果報酬の支払いはASPが代行します。アフィリエイトの成果報酬があれば毎月(振込日)、ASPからアフィリエイターにその報酬が振り込まれます。

ASPからアフィリエイターに成果報酬が振り込まれる

アフィリエイトはどのくらい稼げる?

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、ひと月のアフィリエイト収入は58.5%が5,000円以下32.6%は収入なし18.7%が10万円以上という結果になっています。

ひと月の収入 割合
収入はない 32.6%
1000円未満 16.5%
1000円~5000円未満 9.3%
5000円~1万円未満 6.1%
1万円~3万円未満 8.6%
3万~5万円未満 4.1%
5万円~10万円未満 4.0%
10万円~20万円未満 4.5%
20万円~50万円未満 4.4%
50万円~100万未満 3.3%
100万以上 6.5%

約6割が5,000円以下と厳しい結果になっていますが、アフィリエイトにかける時間が長いほど収入をあげている人が多いという結果もでています。

例えば「アフィリエイト収入なしの割合」は、アフィリエイトを開始してから1年未満は63.6%ですが、1年~2年未満になると11.2%まで下がり、2年~3年未満になると6.2%まで下がります。

このことからアフィリエイトを途中で辞めずに、地道にコツコツと作業を進めている人が成果を上げているのがわかります。

【アフィリエイト収入なしの割合】

  • 1年未満:63.6%
  • 1年~2年未満:11.2%
  • 2年~3年未満:6.2%
  • 3年~4年未満:2.9%
  • 4年~5年未満:2.3%
  • 5年~10年未満:7.7%
  • 10年以上:6.0%

どのASPを利用すればよい?

アフィリエイトを始めるには、まずASPに登録します。ASPに登録して企業(広告主)が提供しているアフィリエイト広告を利用します。

読者が商品を購入

ただASPをおこなっている企業はたくさん存在しているため、どのASPを利用すればよいか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の「利用しているASPの満足度調査」によると、人気トップ3は「A8.net」「afb」「もしもアフィリエイト」という結果になっています。

ASP 満足度調査の回答結果(割合)
A8.net 40.2%
afb 14.3%
もしもアフィリエイト 9.2%

圧倒的な差で1位になったのが「A8.net(エーハチネット)」です。

1位の理由は「広告数が多い」が最も多く、2位の「afb」は「管理画面のレポートが見やすい」や「管理画面が使いやすい」、3位の「もしもアフィリエイト」は「広告リンクの作成のし易さ」が評価されています。

また満足度調査では7位だった「バリューコマース」ですが、バリューコマースでしか取り扱っていない広告もあり、バリューコマースも人気のASPです。

 

このようにASPによって特徴はさまざまです。まずは自身のウェブサイトやブログで紹介したい商品やサービスを取り扱っているASPに登録するのがいいでしょう。

またASPは無料で利用できます。いろいろなASPに登録し実際に利用、その結果 使いやすいASPを利用するのもいいかもしれません。

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトを始めるのは非常に簡単です。次の2つのステップをおこなうだけです。

  • STEP1:ASPに登録する
  • STEP2:紹介記事を書く

【SETP1】ASPに登録する

アフィリエイトを始めるには、まずASPに登録します。

ASPの会員登録には、ウェブサイトやブログが必要です。まだウェブサイトやブログをお持ちでない方は、作成後に会員登録をおこなってください。

ウェブサイトやブログの作り方はこちら

》副業ブログの始め方

有名なASPは次のとおりです。

この他にも「楽天」が運営している「楽天アフィリエイト」やAmazonが運営している「Amazonアソシエイト」などがあります。(※ただ楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトを利用しなくても A8.net や もしもアフィリエイト は 楽天やAmazonの商品を取り扱えるの)

ASPの会員登録には審査があり「広告掲載にふさわしいウェブサイト(ブログ)であるか」チェックされます。審査の厳しさはASPにより異なり、特に「Amazonアソシエイト」は審査が厳しいことで有名です。

【SETP2】紹介記事を書く

ASPに登録したら自身のウェブサイトやブログに、ASPに登録されている商品やサービスを紹介する記事を書き、アフィリエイト広告を貼ってアップします。

アフィリエイト広告は、記事内に張り付けるだけでは成果につながりません。その商品やサービスに興味を持ってもらえるように、記事を書くのがポイントです。

 

読者がアフィリエイト広告をクリックし商品やサービスを購入または契約すると、ASP管理画面のレポートに結果が反映されます。

そして、毎月決まった日(振込日)にASPからアフィリエイターにその報酬が振り込まれます。

ASPからアフィリエイターに成果報酬が振り込まれる

アフィリエイトで成果を出すためのポイント

アフィリエイトを始めるのは簡単です。しかしアフィリエイトで稼げるようになるまでには時間がかかります

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、ひと月のアフィリエイト収入は約6割が5,000円未満という結果がでています。それくらいアフィリエイトで稼げる人は少数なのです。アフィリエイトを始めたが「アフィリエイトは難しくてぜんぜん稼げない」という悩みの人が多く存在しているのが現実です。

アフィリエイト収入の円グラフ

【成果を出すためのポイント1】サイトの集客数を増やす

アフィリエイトで稼ぐにはウェブサイトやブログへのアクセス数が多いほうが有利です。

ウェブサイトやブログを見てくれる人が1人もいなければ、商品は売れるはずがありません。そのため、ウェブサイトやブログの集客数を増やすことが重要です。

ウェブサイトやブログの集客数を増やすには、Googleなどの検索エンジンで上位表示される必要があります。特に1ページ目(1位~10位)に表示されることが重要です。

例えば「アフィリエイト」というキーワードでGoogle検索したとき、1ページ目の上位に表示されている記事から目を通すのが普通です。2ページ目に表示されるだけでも凄いことですが、2ページ目では、そこまでアクセス数が見込めません。

 

この検索エンジンに上位表示させるための工夫を「SEO」と呼びます。

SEO対策にはいろいろ手法がありますが、その中でも「検索キーワード」を意識して記事のタイトルをつけることが重要です。

例えば、妊娠の記事を書いてタイトルを「妊娠」としたとします。

「妊娠」というキーワードでGoogle検索してみましょう。検索した結果、上位に表示されるサイトを確認します。この上位に表示されるサイトがライバルです。ライバルとなるサイトに勝る内容を書いているのであれば、タイトルは「妊娠」のままで良いと思いますが、妊娠のようなビッグキーワードは激戦区なので上位表示は至難の業です。

そこで、まずはロングテールキーワードを狙います。ロングテールキーワードとは、複数キーワードの組み合わせで構成された、検索キーワードのことです。

例えば、次のようなタイトルを付けたとします。

妊娠初期のつわりがつらい - つわりを軽くするための対処法

このタイトルには「妊娠」「初期」「つわり」「つらい」「対処法」という複数のキーワードが含まれています。Googleなどの検索エンジンで「妊娠 初期 つわり つらい」や「妊娠 初期 つわり 対処法」と検索した時に表示されるのを狙ったタイトルです。

ロングテールキーワードは、競合が少ないためビッグキーワードに比べると上位表示が狙いやすいのが特徴です。まずはロングテールキーワードで上位表示を目指してみるのがいいでしょう。

【成果を出すためのポイント2】自分の得意ジャンルを選ぶ

アフィリエイトを始める上で重要なのがジャンル選びです。

ASPに登録すると、ショッピング、旅行、金融、ファッション、美容、グルメ、転職、資格、スポーツ、動物、自動車などたくさんのジャンルが存在するため、どのジャンルでアフィリエイトを行うか悩むポイントだと思います。

報酬単価が高いジャンルにするべきか、需要のあるジャンルにするべきか、いろいろと考えてしまいます。

しかし、アフィリエイトで取り扱うジャンルは自分が得意なジャンル・興味があるジャンルにするのがベストです。

その理由は得意ジャンルの方が、専門性が高く分かりやすい記事が書けるからです。また得意ジャンルの方が記事を継続的に書いていても苦になりません。

アフィリエイトの商品が売れる記事は、読者にとって魅力的な記事です。専門性が高く・分かりやすく・説得力のある記事を書くためにも、自分が得意としているジャンルを選択してみてはいかがでしょうか。