コンピュータ

EPROM(UV-EPROM)とは

EPROM(Erasable PROM)

EPROM(Erasable Programmable Read Only Memory)とは、コンピュータで使用される半導体メモリの一種で、基本的には記録されている内容を書き換えることができない読み出し専用だが、紫外線を照射することでデータを消去して書き換えることができるメモリのことです。

このように紫外線を使ってデータの書き換えをおこなうEPROMのことを「UV-EPROM(紫外線消去型EPROM)」ともいいます。

メモリの分類

コンピュータで使用する半導体メモリは「揮発性(きはつせい)」と「不揮発性(ふきはつせい)」の2種類に分かれています。

スポンサーリンク

揮発性はコンピュータの電源を切ると中身が消えてしまうメモリ、不揮発性はコンピュータの電源を切っても中身が消えたりしないメモリのことです。(不揮発性メモリに書き込まれた内容は電源の状態に関係なく消えることはない)

RAM(揮発性) DRMA 主記憶装置(メインメモリ)として使用されている
SRAM キャッシュメモリとして使用されている
ROM(不揮発性) マスクROM 読み出し専用のメモリ。ユーザーによる消去・書き込みは不可能
PROM 読み出し専用のメモリ。ユーザーによる消去・書き込みが可能

RAM(Random Access Memory)は、Random Access(自由にアクセス)できるMemory(メモリ)のこと(読み書きが自由にできるメモリ)で、揮発性の特性を持っています。

一方はROM(Read Only Memory)は、Read Only(読み出し専用)のMemory(メモリ)のことで、不揮発性の特性を持っています。

EPROMは不揮発性メモリであるPROMの一種です。

PROM(Programmable ROM)の種類

PROM(Programmable Read Only Memory)とは、書き込み可能なROMの総称のことです。

PROMのうち、一度だけ記録することができ、消去や上書きなどができないメモリを「OTP ROM(One Time Programmable ROM)」、特定の機器を用いて繰り返し内容の消去と再書き込みができるものを「EPROM」といいます。

またEPROMとは消去方法が異なる「EEPROM(Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory)」(EEPROMは電気的にデータを消去して書き換えることができる)などもあります。


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら