コンピュータ

SRAM(スタティックRAM)とは

SRAM(エスラム)

SRAM(Static Random Access Memory)とは、主にキャッシュメモリとして用いられるメモリのことです。

キャッシュメモリとは

キャッシュメモリとは、CPUと主記憶装置(メインメモリ)の間にある記憶装置のことです。

CPUは主記憶装置(メインメモリ)とやり取りしながら命令を処理します。しかし、CPUに比べると主記憶装置(メインメモリ)は非常に遅いので、待ち時間が発生してしまいます。

そこで使用されているのがキャッシュメモリです。キャッシュメモリは主記憶装置(メインメモリ)より高速に動作するため、メモリアクセスの時間が短縮できCPU性能の向上につながります。

キャッシュメモリのイメージ例

主記憶装置(メインメモリ)から読み込んだデータは、キャッシュメモリに保存されるので、同じデータや命令を読み込むときは、高速なキャッシュメモリから取得します。

スポンサーリンク

メモリの分類

コンピュータで使用するメモリは「揮発性(きはつせい)」と「不揮発性(ふきはつせい)」の2種類に分かれています。

揮発性メモリとは、コンピュータの電源を切るとデータが消えてしまうメモリのことです。RAM(Random Access Memory)が揮発性メモリであり、主にコンピュータの主記憶装置(メインメモリ)やキャッシュメモリとして使用されています。

一方の不揮発性メモリは、コンピュータの電源を切った状態でもデータを保持できるメモリのことです。ROM(Read Only Memory)が不揮発性メモリであり、デジタルカメラなどで利用されているメモリカード(SDカードなど)や CD-ROM、DVD-ROMなどで使用されています。

RAM(揮発性) DRMA 主記憶装置(メインメモリ)として使用されている
SRAM キャッシュメモリとして使用されている
ROM(不揮発性) マスクROM 読み出し専用のメモリ。ユーザーによる消去・書き込みは不可能
PROM 読み出し専用のメモリ。ユーザーによる消去・書き込みが可能

SRAMとDRAMの違い

SRAMはStatic Random Access Memory(スタティック・ランダム・アクセス・メモリ)の略で、主にキャッシュメモリとして用いられています。

同じRAMであるDRAMとの違いは次のとおりです。

項目 DRAM SRAM
速度 低速 高速
集積度 高い 低い
単価 安価 高価
リフレッシュ動作 必要 不要
用途 主記憶装置(メインメモリ) キャッシュメモリ


チャンネル登録はこちら

フォローはこちら