プログラム

BASICとは

BASIC(ベーシック)

BASICとは

BASICとは、1964年に米ダートマス大学の「ジョン・ケメニー氏」と「トーマス・カーツ氏」によって考案された初心者向けのプログラミング言語です。

名前の由来は「beginners' all-purpose symbolic instruction code」(初心者向け汎用記号命令コード)の頭文字をとったもので、その名の通り初心者向けの汎用プログラミング言語です。

米ダートマス大学にて教育目的で作られた言語で、当時普及していたプログラミング言語であるFORTRANに似ているところがあります。

最初に開発されたBASICはコンパイラ型だったが、1970年代後半~1980年代のBASICのほとんどはインタプリタ型の言語として登場しています。

コンパイルとは

コンパイラ型とは、上記図のように人間が書いたソースコードをコンピュータが理解できる機械語に変換してから実行する言語のことです。

スクリプトとは

それに対しインタプリタ型とは、上記図のように人間が書いたソースコードをコンピュータが理解できる機械語に変換しながら実行していく言語のことです。

BASICの歴史

1970年代末から1980年代前半に普及し始めたコンピュータは、主記憶容量・外部記憶装置とも非常に限られたものであり、本格的なOSを動作させることは困難であったため、ROMにOSを必要としないBASICのプログラミング環境(スタンドアロンBASIC)を内蔵したROM-BASICを搭載しているものが多く、BASICは普及していました。

その後、1980年代後半以降は16ビットCPUを採用しメモリも増えたことで、ROM-BASIC非搭載のコンピュータが主流となり、1980年代後半から1990年代前半頃には、BASICの代わりにC言語が使われるようになっています。

1991年にマイクロソフト社が開発した「Visual Basic」(前身はMicrosoft BASIC)はBASICを元に作られた言語です。