システム開発

フロントエンドとは

フロントエンド

フロントエンドとは

フロントエンドとは、利用するユーザーが直接目に触れる部分のことで、Webアプリケーション開発などでクライアントサイドの処理をフロントエンドといいます。

一般的なWebのシステムはクライアントサーバシステムを採用しており、クライアントサーバにわかれています。

利用者はクライアント側にある画面を操作し、サーバ側にあるWebサーバにリクエスト(要求)を送信します。そしてクライアントからのリクエスト(要求)を受け取ったWebサーバが処理し、結果をレスポンス(応答)として返却する流れです。

クライアントサーバーシステムのイメージ例

このように、クライアントとサーバでやり取りしながらWebページを表示したり、画面上で入力したデータをサーバ側で管理しているデータベースに登録したりします。

ポイント

フロントエンド:利用するユーザーが直接目に触れる部分(画面)のことであり、クライアントサイドのことです。

ちなみにクライアントサイドの処理をフロントエンド、サーバーサイドの処理をバックエンドといいます。

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、フロントエンドの開発を行うエンジニアのことです。

フロントエンドエンジニアのイメージ例

フロントエンドエンジニアが使う主なプログラミング言語には「HTML」「CSS」「JavaScript」があります。

フロントエンドの開発は、より効率的に開発するために「Thymeleaf」「ERB」「Blade」などのテンプレートエンジン、「Vue.js」や「AngularJS」などのフレームワーク、「jQuery」や「React」などのライブラリのいずれかを使って開発することが多いです。

また「CSS」のフレームワークである「Bootstrap」や、「Bootstrap」をベースとし管理画面作成に特化した「AdminLTE」などを使うことで、おしゃれな画面デザインを簡単に作ることができます。