雲

システム開発

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティング(クラウド)

クラウドコンピューティングとは

クラウドコンピューティング(cloud computing)とは、インターネット経由でコンピュータ資源をサービスの形で提供する形態ことです。

略して「クラウド」と呼ばれています。

従来はオンプレミスと呼ばれる、アプリケーションを動作させるために必要な"土台となる環境"を組織で保有して構築・運用するのが一般的でした。

オンプレミス

それに対しクラウドコンピューティングでは、ネットワーク経由でアプリケーションを動作させるために必要な"土台となる環境"をサービスとして提供します。この形態で提供されるサービスを「クラウドコンピューティングサービス」または「クラウドサービス」といいます。

スポンサーリンク

またクラウドには、インターネット経由でアクセスする「パブリッククラウド」(public cloud)と、インターネット経由ではなく、企業向けに構築されたネットワークを使いアクセスする「プライベートクラウド」、「パブリッククラウド」と「プライベートクラウド」を組み合わせた「ハイブリッドクラウド」があります。

クラウドサービスの種類

クラウドコンピューティング(クラウド)が提供するサービスには、次にようなサービスがあります。

SaaS (Software as a Service)

SaaS (Software as a Service)は、インターネット経由でソフトウェアを提供するサービスです。

SaaSとは

例えば、SaaS で提供されているサービスには、「Gmailメール」「Googleカレンダー」のようにWebブラウザを使いアクセスするソフトウェアや「Microsoft Office 365」のような表計算や文書作成ソフト、「Slack」のようなチャットやビデオ会議のソフトウェアなど、様々なソフトウェアがあります。

PaaS (Platform as a Service)

PaaS(Platform as a Service)は、インターネット経由でソフトウェアを動作させるために必要なプラットフォームを提供するサービスです。

PaaSとは

例えば、「Amazon Web Services(AWS)」「Google App Engine」「Microsoft Azure」などがPaaSのサービスです。

ソフトウェアを動作させる土台となる環境をクラウド側が提供してくれるので、利用者はアプリケーションを用意するだけで、環境を構築する必要がありません。(※データベースを使う場合は、必要なテーブルを作成する必要はある)

IaaS (Infrastructure as a Service)

IaaS(Infrastructure as a Service)は、インターネット経由でソフトウェアを動作させるために必要なインフラを提供するサービスです。

IaaSとは

例えば、「Google Compute Engine」「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」などがIaaSのサービスです。

IaaSは、ソフトウェアを動作させるために必要なハードウェアを提供することから、当初はHaaS (Hardware as a Service) と呼ばれていました。しかし、物理的なハードウェアだけではなく、仮想的に構築された基盤(仮想サーバ、ハードディスク、ファイヤーウォールなどのインフラを提供)を提供するものへと進化しています。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説