システム開発

SaaSとは

SaaS(Software as a Service)

SaaSとは

SaaS(Software as a Service)とは、ソフトウェアをインターネットを通じて利用者に提供する形態のことです。

従来のソフトウェア販売は、パッケージ製品として利用者にライセンスを販売する形態が一般的でした。そのため、利用者はパソコンにソフトウェアをインストールする必要がありました。

しかし、SaaSの登場により利用者はパソコンにソフトウェアをインストールする必要がなくなり、インターネット経由でソフトウェアを利用することができるようになりました。

SaaSとは

代表的なSaaSには「Gmailメール」「Googleカレンダー」のようにWebブラウザを使いアクセスするソフトウェアや「Microsoft Office 365」のような表計算や文書作成ソフト、「Slack」のようなチャットやビデオ会議のソフトウェアなどがあります。

クラウドコンピューティングのサービスモデル

SaaSのように、インターネットを経由してコンピュータ資源を提供する利用形態のことをクラウドコンピューティングといいます。

クラウドコンピューティングのサービスモデルには、SaaS(Software as a Service)、PaaS (Platform as a Service)、IaaS (Infrastructure as a Service) があります。

SaaSでは、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」「ミドルウェア」「アプリケーション」を提供します。そして、利用者はその提供された機能を使い、一定範囲で「アプリケーション」をカスタマイズすることができます。

クラウドコンピューティング

PaaSでは、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」「ミドルウェア」を提供、利用者はは「アプリケーション」を用意し、一定範囲で「ミドルウェア」をカスタマイズ、そして、IaaSではサービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」を提供、利用者は「ミドルウェア」「アプリケーション」を用意し、一定範囲で「OS」をカスタマイズすることができます。

また、SaaS、PaaS、IaaSのようなインターネット経由でサービスを提供する形態の総称を「XaaS」といいます。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説