システム開発

PaaSとは

PaaS(Platform as a Service)

PaaSとは

PaaS(Platform as a Service)とは、ソフトウェアの実行環境をインターネットを通じて利用者に提供する形態のことです。

本来であれば、ソフトウェアを動作させるために必要なハードウェアやOS、ミドルウェア(データベースなどの構築)などの構築を行う必要があります。

しかし、クラウドの登場によりソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームを、インターネット経由のサービスとして提供する形態が生まれています。これが「PaaS」です。

PaaSとは

上記図はPaaSのイメージ図です。

PaaSでは、クラウド環境にソフトウェアを動作させるために必要な環境が用意されています。そのため、利用者はアプリケーションを用意するだけで、環境を構築する必要がありません。(※データベースに必要なテーブルを作成する必要はある)

代表的なPaaSには「Amazon Web Services(AWS)」「Google App Engine」「Microsoft Azure」などがあります。

PaaSの特徴

PaaSでは、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」「ミドルウエア(データベースなど)」などを用意・管理してくれます。

そのため、利用者はソフトウェア(アプリケーション)を用意するだけでよく、「ハードウェア」や「OS」「ミドルウエア」のメンテナンスを事業者に任せることができます。

クラウドコンピューティング

またPaaSでは、データベースなどのミドルウェアを一定範囲でカスタマイズすることが可能です。

PaaSに似た言葉で「SaaS(Software as a Service)」と「IaaS (Infrastructure as a Service) 」があります。そして「SaaS」「PaaS」「Iaas」の総称を「XaaS」といいます。

「SaaS」「PaaS」「Iaas」の違いは次の通り。

名称 事業者が用意・管理 利用者がカスタマイズ可能 利用者が用意・管理
SaaS ハードウェア、OS、ミドルウェア、アプリケーション アプリケーション
PaaS ハードウェア、OS、ミドルウェア ミドルウェア アプリケーション
Iaas ハードウェア、OS OS ミドルウェア、アプリケーション

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説