システム開発

IaaSとは

IaaS(Infrastructure as a Service)

スポンサーリンク

IaaSとは

IaaS(Infrastructure as a Service)とは、ソフトウェアを動作させるための基盤(インフラ)をインターネットを通じて利用者に提供する形態のことです。

IaaSとは

IaaSは、ソフトウェアを動作させるためのハードウェアを提供することから、当初はHaaS (Hardware as a Service) と呼ばれていました。しかし、物理的なハードウェアだけではなく、仮想的に構築された基盤(仮想サーバ、ハードディスク、ファイヤーウォールなどのインフラを提供)を提供するものへと進化しIaaSと呼ばれるようになりました。

HaaS:Hardware(ハードウェア) as a Service

IaaS:Infrastructure(インフラ) as a Service

代表的なIaaSには「Google Compute Engine」「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」などがあります。

IaaSの特徴

IaaSでは、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」や「OS」などのインフラ環境を用意・管理してくれます。

そのため、利用者は「ソフトウェア」と「ミドルウェア」を用意するだけでよく、「ハードウェア」や「OS」のメンテナンスを事業者に任せることができます。

クラウドコンピューティング

またIaaSでは、OSを一定範囲でカスタマイズすることが可能です。

IaaSに似た言葉で「SaaS(Software as a Service)」と「PaaS(Platform as a Service)」があります。そして「SaaS」「PaaS」「Iaas」の総称を「XaaS」といいます。

SaaSは、Software as a Serviceの名前の通り、インターネットを経由してソフトウェアを提供するサービスです。そのため、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」「ミドルウェア」「アプリケーション」を提供・管理します。

そしてPaaSは、Platform as a Serviceの名前の通り、インターネットを経由してソフトウェアを動作させるために必要なプラットフォームを提供するサービスです。そのため、サービスを提供する事業者が「ハードウェア」「OS」「ミドルウェア」を提供・管理します。

ポイント

  • SaaS:インターネットを経由してソフトウェアを提供するサービス
  • PaaS:インターネットを経由してソフトウェアが動作するために必要なプラットフォームを提供するサービス
  • IaaS:インターネットを経由してソフトウェアが動作するために必要なインフラを提供するサービス

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説