システム開発

クライアントサーバシステムとは

クライアントサーバシステム

クライアントサーバシステム(Client Server System)とは、コンピュータを機能や情報を提供するサーバ(server)と利用者が操作するクライアント(client)に分け、役割分担をして接続するコンピュータネットワークモデルの一つです。

クライアントサーバシステム

サーバがシステムで利用されるデータを管理し、クライアントに対して機能や情報を提供。そして、サーバから提供された情報をクライアント側で画面表示や操作などを行う形態です。

 

役割分担をするクライアントサーバシステムとは違い、対等な立場でコンピュータ同士がネットワークを通じで相互接続する形態を「ピアツーピア」(Peer to Peer system:略 P2P)といいます。

クライアントサーバシステムの具体例

クライアントサーバーシステムは様々なシーンで活用されています。例えば、インターネット上でWebサイトを閲覧する場合は「Webサーバ」を利用、メールを送受信する時は「メールサーバ」、その他にも「アプリケーションサーバ」、「ファイルサーバ」などがあります。

インターネット上でWebサイトを閲覧する

インターネット上でWebサイトを閲覧する時は、Webサーバを利用します。

HTTPHTTPS)というプロトコルを使用して、Webサーバが管理しているWebサイトの情報をクライアント側に提供しています。

クライアント側では、Webサーバから提供された情報を表示します。登録などの操作を行った場合は、クライアントからWebサーバに登録依頼(HTTPリクエスト)を出し、Webサーバで管理しているデータベースに登録されます。

HTTPイメージ図

メールの送受信を行う

メールの送信 もしくは 受信を行うには「メールサーバ」を利用します。メールを送信する時は SMTPSMTPS)、受信する時は POP3POP3S)もしくは IMAPIMAPS)というプロトコルを使用して、メールサーバがメール送受信の管理を行います。

メール送受信の流れ

上記はメール送受信の流れです。

送信者が送信したメールは、送信者のメールアドレスを管理している「メールサーバ」に送られます。そして、受信者のメールアドレスを管理している「メールサーバ」に転送。受信者は定期的に、受信者のメールアドレスを管理している「メールサーバ」に問い合わせを行い、メールを受信します。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説