メール受信

ネットワーク

IMAPとは

IMAP(Internet Message Access Protocol)

スポンサーリンク

IMAPとは

IMAP(Internet Message Access Protocol)とは、電子メールを受信する際に使用するプロトコルです。

メーラーと呼ばれるメールソフトやWebメールでメールを受信する際にIMAPを使用します。現在はIMAPのバージョン4であるIMAP4が主流です。

OSI参照モデル そして TCP/IP のアプリケーション層 で動作し、トランスポート層 では TCP を使用、そしてメールサーバにアクセスするために使用しているポート番号は「143」、通信内容を暗号化する「IMAP over SSL(IMAPS)」では993番を利用します。

 

メール送受信の際に使用するプロトコルとポート番号は次の通りです。

暗号化なし 暗号化あり 説明
プロトコル名 ポート番号 プロトコル名 ポート番号
POP3 110 POP3s 995 電子メールを受信する際に使用するプロトコル
IMAP4 143 IMAP4s 993 電子メールを送信する際に使用するプロトコル
SMTP 25/587 SMTPs 465 電子メールを送信する際に使用するプロトコル

POPとIMAPの違い

POP(Post Office Protocol)とIMAP(Internet Message Access Protocol)はどちらもメールを受信する際に使用するプロトコルです。

POPはメールサーバからメールをダウンロードする

POPの特徴は、メールサーバに届いたメールを端末がダウンロードするところです。そのため、メールはダウンロードした受信者の端末内に保存されます。POPでダウンロードされたメールはメールサーバには残りません

※ただし、メールサーバに一定期間メールを残すように設定することで、メールサーバにその期間の間メールを残すことも可能です。

POP3イメージ図

IMAPはメールサーバのメールを閲覧する

IMAPの特徴は、メールサーバに届いたメールを端末が閲覧するところです。そのため、メールは常にメールサーバに保存されています。

IMAPのメリットはメールサーバ上で、未読・既読といった操作も共有されているので、どの端末(パソコンやスマホなど)からメールを閲覧しても状態が変わらない(一元管理されている)ところです。

IMAPイメージ図

ただし、メールサーバにも容量の上限があるので、上限に達するとメールが受信できなくなります。そのため上限に達する前にメールサーバのメールを削除する必要があります。

※設定によりメールサーバのメールを端末にダウンロードすることもできます。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved.