メール

ネットワーク

SMTPとは

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)

スポンサーリンク

SMTPとは

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)とは、電子メールを送信する際に使用するプロトコルです。

SMTPはIETFにおいて標準化されたメール転送のためのプロトコルであり、2回の改訂を経て1982年8月に簡易メール転送プロトコル(SMTP)という名称で標準化されています。

OSI参照モデル そして TCP/IP のアプリケーション層 で動作し、トランスポート層 では TCP を使用、そしてメールサーバにアクセスするために使用しているポート番号は「25」です。

メール送受信の流れ

SMTPを利用したメール送受信の簡単な流れを説明します。

メール送受信の流れ

送信者はメーラーと呼ばれるメールソフトやWebメールからメールを送信します。この時に使用するプロトコルのがSMTPです。送信したメールは、まず送信側のメールを管理しているメールサーバに送られます。

そして、受信側のメールを管理しているメールサーバへとメールを転送します。ここまででSMTPの役割は終了です。

あとは、受信者がメールサーバにPOP3を利用して受信者のメールを管理しているメールサーバにメールがないかの問い合わせを行います。(メールの問い合わせを行う際は「ユーザ名」と「パスワード」情報を送り認証を行う)

問い合わせの結果、メールがあればメールを受信することができます。

SMTPコマンド

SMTPの主なコマンドは次の通りです。

コマンド名 説明
EHLO メールサーバに対して応答の確認をし、接続を開始する
MAIL FROM:<送信元メールアドレス>の形式で送信元のメールアドレスをメールサーバに送る
RCPT TO:<宛先メールアドレス>の形式で送信先のメールアドレスをメールサーバに送る。宛先が複数存在する場合は、その回数分コマンドを実行する
DATA メール本文をメールサーバに送る
QUIT メールサーバとの接続を終了する
RSET メールサーバとの接続を中断・中止する

 

SMTPのコマンドに対する主な応答コードは次の通りです。

応答コード 説明
200番台 成功
300番台 コマンドは成功し、追加の情報を待っている状態。DATAコマンドへの応答に354(Start mail input; end with <CRLF>.<CRLF>)が使われる
400番台 一時的なエラー
500番台 永続的なエラー

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved.