システム開発

オンプレミス(オンプレ)とは

オンプレミス(on-premises)

オンプレミス(オンプレ)とは

オンプレミス(on-premises)とは、自社の中で情報システムを保有し、自社内の設備によってシステムを導入・運用することであり、省略してオンプレと表現されることも多いです。

インターネット経由でサービスを提供するクラウドとは対義語。クラウド環境は、サービスを提供する事業者がサーバやデータベースなどを管理します。

それに比べてオンプレミス環境では、自社内でサーバやデータベースを管理します。(自社運用)

オンプレミス

 

従来、情報システムの構築・運用形態としてはオンプレミスしか存在していなかったため、オンプレミスという言葉は存在していませんでした。

しかし、2000年代半ば頃からインターネット経由でサービスを提供する形態であるSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)などのサービスが事業化され、クラウドコンピューティングという名称が世の中に普及したため、これと区別する言葉として、2010年頃から「オンプレミス」という言葉が一般的に用いられています。

ポイント

オンプレミス(オンプレ):クラウド環境ではない環境(自社運用)のこと

オンプレミス(オンプレ)とクラウドの比較

オンプレミス型とクラウド型の主な違いは次の通りです。

項目 説明
コスト オンプレミス型のシステムは、設備を自社で用意するため、初期に費用と環境構築するための時間がかかる。それに比べてクラウドア型のシステムは、事業者がすでに所有している設備を使うので、初期にまとまった費用や環境構築する必要ない。
機能(性能) オンプレミス型のシステムは、自社で構築するため制限なく必要な構成にすることができる。それに比べてクラウド型は仕様や構成があらかじめ決まっていたり、いくつかの選択肢から選ぶ形態が多い。
セキュリティ オンプレミス型のシステムは、自社で構築するため自社のセキュリティポリシーに従った構築が可能。ただし常にメンテンナンスが必要。それに比べてクラウド型は事業者が管理してくるので、事業者の方でメンテンナンスを実施してくれる。

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説