プログラム

Swiftとは(プログラミング言語)

Swift(スウィフト)

Swiftとは「iPhone」や「iPad」「Mac」などのApple製品向けのアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。また、Webアプリケーション開発などを行うこともできます。

Objective-Cの後継言語として、2014年にAppleが発表した言語で、C言語がベースとなっているObjective-Cに比べ、簡易な構文で記述できるのがSwiftの魅力です。

「Swift」と「Objective-C」の関係

基本的にApple製品向けのアプリケーション開発を他の言語で行うことは難しく、Swiftが登場するまでは同じAppleが開発しているプログラミング言語の「Objective-C」が利用されていました。

Objective-Cは、Swiftが登場するまでiOSアプリの開発において、市場をほぼ独占してきた言語です。そのため、非常に多くの開発事例とノウハウが蓄積されており、SwiftがObjective-Cの順位(TIOBEのプログラミング言語指標)を追い抜くまでには、少し時間がかかっています。

AppleがObjective-Cの後継言語としてSwiftを導入したことで、Objective-C離れが始まっていますが、Objective-Cの順位低下が予想よりもはるかに長い時間かかったと言われています。

スポンサーリンク

Swiftの特徴

コードが簡潔で学習しやすい

Swiftはモダンなプログラミング言語です。モダンとは現代的という意味で、コードが書きやすく・読みやすいのが特徴です。

そのため、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

C言語やObjective-Cと簡単に連携できる

Swiftは、Objective-C++やC言語と共存できるようになっています。またObjective-CのAPIやクラス、メソッドなどを呼び出すことができ、Objective-C向けのライブラリやフレームワークをそのまま利用できます。

Playgroundの実行環境で開発しやすい

Swiftでの開発は「Xcode」という、ソフトウェアを開発するための統合開発環境 (IDE)を使用することが多く「Xcode」には「Playground」という実行環境があります。

Objective-Cは修正するごとに、アプリケーションを実行する必要がありました。しかし、Playgroundを使うとコーディングしながらリアルタイムに確認できるため、修正箇所がわかりやすく開発時間の短縮に繋がります。