Ruby

Ruby on Railsの開発環境構築 | 分かりやすく図解で説明

Ruby on Railsの開発環境構築手順

Ruby on Railsとは、人気開発言語Rubyを使用したWebアプリケーションを手軽に作成することができるフレームワークです。

スポンサーリンク

本記事では、Ruby on Railsを使用したWebアプリケーションの開発環境構築手順を紹介します。

◆構築する開発環境

構築する内容 名称 説明
開発言語 Ruby 人気の開発言語
開発ツール Visual Studio Code ほとんど言語に対応し、任意の OS で動作する強力なコード エディター
フレームワーク Ruby on Rails Webアプリケーションを手軽に作成できる人気のフレームワーク
データベース SQLite フリーで利用できる人気の軽量データベース

事前準備

Rubyのインストール

まずは開発言語である Ruby のインストールを行います。

インストール手順は下記をご覧ください。

Visual Studio Codeのインストール

次に開発するためのエディタである Visual Studio Code をインストールします。

インストール手順は下記をご覧ください。

SQLiteのインストール

軽量なデータベースである SQLite をインストールします。

インストール手順は下記をご覧ください。

Ruby on Railsのインストール

最後にフレームワークである Ruby on Rails をインストールします。

インストール手順は下記をご覧ください。

Ruby on Railsアプリケーションの作成

Visual Studio Code(VS Code)の起動

Visual Studio Codeを起動します。

vscodeの起動

Windows PowerShellの起動

Visual Studio Codeが起動したら「表示」→「ターミナル」を選択して Windows PowerShell を起動します。

統合ターミナルの起動

新規アプリケーションの作成

Railsアプリケーションを新規作成します。Railsアプリケーションは次のコマンドで作成することができます。

rails new アプリケーション名

今回の例では「C:\ruby」配下に「test_app」というアプリケーションを作成しています。

Railsアプリケーションの作成

Railsアプリケーションの構成を確認する

Railsアプリケーションのインストールが完了すると、指定した場所にアプリケーション名のフォルダが作成されます。

Railsアプリの構成

 

主なディレクトリの役割は次の通りです。

フォルダ 配置されるファイル
app アプリのプログラム
bin アプリのコマンド
config 設定ファイル
db データベース関連のファイル
lib アプリで使うライブラリ
log アプリのログファイル
public 静的コンテンツ

Railsのアプリケーションサーバを起動

「rails s」を実行するとRailsのアプリケーションサーバが起動します。

railsサーバーの起動

 

次のようなメッセージでサーバの起動に失敗した場合は、「webpacker」のインストールが必要です。

Webpacker configuration file not found C:/ruby/test_app/config/webpacker.yml. Please run rails webpacker:install Error: No such file or directory

詳しいエラーの対処法は、下記の記事をご覧ください。

 

最後に「http://localhost:3000/」にアクセスし Railsの画面が表示されればサーバーの起動は成功です。

railsのウェルカムページ

 

起動したサーバを停止するには「Cntrl」+「C」を同時に押下します。これでサーバが停止します。

railsサーバの停止

 

終わりに

本記事では「Ruby on Railsの開発環境構築」を紹介しました。

次回から、Ruby on Railsを使用して実際にWebアプリケーションを作成する手順を紹介します。

 

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説