Ruby

【Rails入門】超便利ScaffoldでCRUDを作成する方法

Scaffold(スキャフォールド)

Scaffoldとは、Railsに備わっている機能の一つで、Ruby on Railsでアプリケーションの雛形を作るための機能です。

Scaffoldとは、英語で「足場」という意味で、まさにRailsアプリの「足場」となる機能(一覧 / 登録 / 更新 / 削除するための一連の画面)を提供してくれます。

 

本記事では、超便利機能であるScaffoldを使い、CRUDを作成する方法を紹介しています。

※CRUDは次の頭文字を連結させた言葉です。

  • C:Create(登録)
  • R:Read(読み取り)
  • R:Update(更新)
  • D:Delete(削除)

スポンサーリンク

Railsアプリケーションの作成

本記事では、開発ツールに「Visual Studio Code」、データベースに「SQLite」を使用しています。Ruby on Railsの開発環境を構築していない方は、下記の記事をご覧ください。

 

まず、次のコマンドよりRailsアプリケーションを作成します。

rails new アプリケーション名

今回の例では「C:\ruby」配下に「crud_sample」というアプリケーションを作成しています。

PS C:\ruby> rails new crud_sample
      create  
      create  README.md
      create  Rakefile
      create  .ruby-version
      create  config.ru
      create  .gitignore
      create  Gemfile
         run  git init from "."
Initialized empty Git repository in C:/ruby/crud_sample/.git/

・・・(省略)・・・

Done in 7.96s.
Webpacker successfully installed

ScaffoldでRailsアプリケーションの雛形を生成

次にでRailsアプリケーションの雛形を生成します。Scaffoldコマンドは次の形式で記述します。

rails g scaffold リソース名 カラム名1:データ型1 カラム名2:データ型2...

パラメータ 説明
リソース名 モデルクラスの名称
カラム名 モデルクラスが持つカラム名
データ型 カラムのデータ型

 

新規作成したRailsアプリケーション配下(crud_sample)に移動してscaffoldコマンドを実行します。今回の例では「user」というモデルを作成しています。

PS C:\ruby\crud_sample> rails g scaffold user name:string address:string phone:string
      invoke  active_record
      create    db/migrate/20200622220854_create_users.rb
      create    app/models/user.rb
      invoke    test_unit
      create      test/models/user_test.rb
      create      test/fixtures/users.yml
      invoke  resource_route
       route    resources :users
      invoke  scaffold_controller
      create    app/controllers/users_controller.rb
      invoke    erb
      create      app/views/users
      create      app/views/users/index.html.erb
      create      app/views/users/edit.html.erb
      create      app/views/users/show.html.erb
      create      app/views/users/new.html.erb
      create      app/views/users/_form.html.erb
      invoke    test_unit
      create      test/controllers/users_controller_test.rb
      create      test/system/users_test.rb
      invoke    helper
      create      app/helpers/users_helper.rb
      invoke      test_unit
      invoke    jbuilder
      create      app/views/users/index.json.jbuilder
      create      app/views/users/show.json.jbuilder
      create      app/views/users/_user.json.jbuilder
      invoke  assets
      invoke    scss
      create      app/assets/stylesheets/users.scss
      invoke  scss
      create    app/assets/stylesheets/scaffolds.scss

 

scaffoldコマンドを実行した結果、自動生成された主なファイルは次の通りです。

ファイル 説明
config/routes.rb ユーザーからのリクエストを、どのコントローラーのアクションに割り振るかを決めるルーティング情報
app/controllers/users_controller.rb ユーザーからのリクエストを受け付けるコントローラー
app/models/user.rb データを格納するモデル
app/views/users/index.html.erb 一覧画面用のビュー
app/views/users/show.html.erb 詳細画面用のビュー
app/views/users/new.html.erb 登録画面用のビュー
app/views/users/edit.html.erb 編集画面用のビュー
app/views/users/_form.html.erb 共通フォーム用のビュー

ルーティング情報

Rails.application.routes.draw do
  resources :users
  # For details on the DSL available within this file, see https://guides.rubyonrails.org/routing.html
end

config/routes.rb に「resources :users」が追記されます。この記述により下記のルーティングが作成さされ、いずれも usersコントローラー に対応付けられます。

HTTPメソッド パス コントローラー#アクション 説明
GET /users users#index 一覧画面を表示
GET /users/:id users#show 詳細画面を表示
GET /users/new users#new 登録画面を表示
GET /users/:id/edit users#edit 編集画面を表示
POST /users users#create 登録処理
PATCH / PUT /users/:id users#update 更新処理
DELETE /users/:id users#destroy 削除処理

コントローラー(Controller)

app/controllers/users_controller.rbというコントローラークラスが新規に作成されます。

class UsersController < ApplicationController
  before_action :set_user, only: [:show, :edit, :update, :destroy]

  # GET /users
  # GET /users.json
  def index
    @users = User.all
  end

  # GET /users/1
  # GET /users/1.json
  def show
  end

  # GET /users/new
  def new
    @user = User.new
  end

  # GET /users/1/edit
  def edit
  end

  # POST /users
  # POST /users.json
  def create
    @user = User.new(user_params)

    respond_to do |format|
      if @user.save
        format.html { redirect_to @user, notice: 'User was successfully created.' }
        format.json { render :show, status: :created, location: @user }
      else
        format.html { render :new }
        format.json { render json: @user.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # PATCH/PUT /users/1
  # PATCH/PUT /users/1.json
  def update
    respond_to do |format|
      if @user.update(user_params)
        format.html { redirect_to @user, notice: 'User was successfully updated.' }
        format.json { render :show, status: :ok, location: @user }
      else
        format.html { render :edit }
        format.json { render json: @user.errors, status: :unprocessable_entity }
      end
    end
  end

  # DELETE /users/1
  # DELETE /users/1.json
  def destroy
    @user.destroy
    respond_to do |format|
      format.html { redirect_to users_url, notice: 'User was successfully destroyed.' }
      format.json { head :no_content }
    end
  end

  private
    # Use callbacks to share common setup or constraints between actions.
    def set_user
      @user = User.find(params[:id])
    end

    # Only allow a list of trusted parameters through.
    def user_params
      params.require(:user).permit(:name, :address, :phone)
    end
end

スポンサーリンク

ビュー(View)

app/views/users配下に、一覧画面、詳細画面、登録画面、編集画面用のビューが新規で作成されます。

一覧画面(app/views/users/index.html.erb)

<p id="notice"><%= notice %></p>

<h1>Users</h1>

<table>
  <thead>
    <tr>
      <th>Name</th>
      <th>Address</th>
      <th>Phone</th>
      <th colspan="3"></th>
    </tr>
  </thead>

  <tbody>
    <% @users.each do |user| %>
      <tr>
        <td><%= user.name %></td>
        <td><%= user.address %></td>
        <td><%= user.phone %></td>
        <td><%= link_to 'Show', user %></td>
        <td><%= link_to 'Edit', edit_user_path(user) %></td>
        <td><%= link_to 'Destroy', user, method: :delete, data: { confirm: 'Are you sure?' } %></td>
      </tr>
    <% end %>
  </tbody>
</table>

<br>

<%= link_to 'New User', new_user_path %>

詳細画面(app/views/users/show.html.erb)

<p id="notice"><%= notice %></p>

<p>
  <strong>Name:</strong>
  <%= @user.name %>
</p>

<p>
  <strong>Address:</strong>
  <%= @user.address %>
</p>

<p>
  <strong>Phone:</strong>
  <%= @user.phone %>
</p>

<%= link_to 'Edit', edit_user_path(@user) %> |
<%= link_to 'Back', users_path %>

登録画面(app/views/users/new.html.erb)

<h1>New User</h1>

<%= render 'form', user: @user %>

<%= link_to 'Back', users_path %>

編集画面(app/views/users/edit.html.erb)

<h1>Editing User</h1>

<%= render 'form', user: @user %>

<%= link_to 'Show', @user %> |
<%= link_to 'Back', users_path %>

マイグレーションでデータベースにテーブルを作成する

scaffoldコマンドでアプリケーションの雛形は完成しましたが、最後にデータベースのテーブルを作成する必要があります。

テーブルの作成にはマイグレーションファイルを使用します。

scaffoldで自動生成された「db/migrate/20200622220854_create_users.rb」です。※ファイル名の数値は実行した日時により異なります。

ポイント

マイグレーションとは、テーブルの作成や変更を簡単に管理する仕組み

 

マイグレーションコマンド「rails db:migrate」により、データベースにテーブルを作成します。

PS C:\ruby\crud_sample> rails db:migrate
== 20200622220854 CreateUsers: migrating ======================================
-- create_table(:users)
   -> 0.0031s
== 20200622220854 CreateUsers: migrated (0.0090s) =============================

実行が正常に終了すると、データベースにテーブルが新規作成されます。

スポンサーリンク

 

それでは、実際にテーブルが作成されていることを確認してみます。「rails dbconsole」でデータベースに接続し「.tables」「.schema users」コマンドを使用することでテーブルが作成されていることを確認できます。

PS C:\ruby\crud_sample> rails dbconsole
SQLite version 3.32.2 2020-06-04 12:58:43
Enter ".help" for usage hints.
sqlite> .tables
ar_internal_metadata  schema_migrations     users
sqlite> .schema users
CREATE TABLE IF NOT EXISTS "users" ("id" integer PRIMARY KEY AUTOINCREMENT NOT NULL, "name" varchar, "address" varchar, "phone" varchar, "created_at" datetime(6) NOT NULL, "updated_at" datetime(6) NOT NULL);

動作確認

「rails s」コマンドを実行して、Railsのアプリケーションサーバを起動します。

PS C:\ruby\crud_sample> rails s
=> Booting Puma
=> Rails 6.0.3.2 application starting in development
=> Run `rails server --help` for more startup options
*** SIGUSR2 not implemented, signal based restart unavailable!
*** SIGUSR1 not implemented, signal based restart unavailable!
*** SIGHUP not implemented, signal based logs reopening unavailable!
Puma starting in single mode...
* Version 4.3.5 (ruby 2.7.1-p83), codename: Mysterious Traveller
* Min threads: 5, max threads: 5
* Environment: development
* Listening on tcp://[::1]:3000
* Listening on tcp://127.0.0.1:3000
Use Ctrl-C to stop

 

ブラウザで「http://localhost:3000/users」にアクセスすると、一覧画面が表示されます。

crud図サンプル 一覧画面

 

「New User」リンクを押下すると登録画面が表示されるので、データを登録します。

crudサンプル 新規画面

一覧画面に戻ると、登録したデータが表示されます。

crudサンプル2

各リンクを押下することで各画面が表示されます。

  • Show:詳細画面
  • Edit:編集画面
  • Destroy:データ削除
  • New User:登録画面

 

これで、Scaffoldを利用したCRUDの作成は完了です。

 

終わりに

本記事では「超便利ScaffoldでCRUDを作成する方法」について紹介しました。

次回は、入力チェック(validates)の実装方法について紹介します。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説