Ruby

Rails6でBootstrapを導入する方法

【Rails6】Bootstrap導入手順

Bootstrapとは、Twitter社が開発したCSSの「フレームワーク」です。Bootstrapを利用することで簡単にWebサイトのデザインを作ることができます。

本記事では、Rails6標準の「yarn + webpacker」でBootstrapを導入する手順を紹介しています。

スポンサーリンク

Bootstrapのパッケージをインストールする

まず、YarnでBootstrapに必要なパッケージをインストールします。

yarn add jquery bootstrap popper.js

必要なパッケージは次の通りです。

  • bootstrap:Bootstrap本体
  • jquery:Bootstrapを動かすのに必要なjQuery
  • popper.js:ツールチップなどの機能を利用するのに必要
PS C:\ruby\test_pro> yarn add jquery bootstrap popper.js   
yarn add v1.22.4
[1/4] Resolving packages...
warning popper.js@1.16.1: You can find the new Popper v2 at @popperjs/core, this package is dedicated to the legacy v1
[2/4] Fetching packages...
info fsevents@2.1.3: The platform "win32" is incompatible with this module.
info "fsevents@2.1.3" is an optional dependency and failed compatibility check. Excluding it from installation.
info fsevents@1.2.13: The platform "win32" is incompatible with this module.
info "fsevents@1.2.13" is an optional dependency and failed compatibility check. Excluding it from installation.
[3/4] Linking dependencies...
warning " > webpack-dev-server@3.11.0" has unmet peer dependency "webpack@^4.0.0 || ^5.0.0".
warning "webpack-dev-server > webpack-dev-middleware@3.7.2" has unmet peer dependency "webpack@^4.0.0".
[4/4] Building fresh packages...
success Saved lockfile.
success Saved 3 new dependencies.
info Direct dependencies
├─ bootstrap@4.5.0
├─ jquery@3.5.1
└─ popper.js@1.16.1
info All dependencies
├─ bootstrap@4.5.0
├─ jquery@3.5.1
└─ popper.js@1.16.1
Done in 4.99s.

 

正常にインストールできたかはRailsアプリ直下にある「package.json」で確認できます。

{
  "name": "test_pro",
  "private": true,
  "dependencies": {
    "@rails/actioncable": "^6.0.0",
    "@rails/activestorage": "^6.0.0",
    "@rails/ujs": "^6.0.0",
    "@rails/webpacker": "4.2.2",
    "bootstrap": "^4.5.0",
    "jquery": "^3.5.1",
    "popper.js": "^1.16.1",
    "turbolinks": "^5.2.0"
  },
  "version": "0.1.0",
  "devDependencies": {
    "webpack-dev-server": "^3.11.0"
  }
}

Bootstrapパッケージを利用できるようにする

次にYarnでインストールしたBootstrapパッケージを利用できるようにimportします。

app/javascript/packs/application.js に以下のコードを追加します。

import 'bootstrap'
import '../stylesheets/application'

スポンサーリンク

 

そして、app/javascript/stylesheets/application.scssに以下のコードを追加します。

※stylesheetsフォルダとapplication.scssが存在しない場合は作成します。

@import '~bootstrap/scss/bootstrap';

 

jQueryとPopper.jsを利用できるようにする

app/config/webpack/environment.js を以下のように修正し、jQueryとPopper.jsを利用できるようにします。

const { environment } = require('@rails/webpacker')

const webpack = require('webpack')

environment.plugins.prepend('Provide',
  new webpack.ProvidePlugin({
    $: 'jquery/src/jquery',
    jQuery: 'jquery/src/jquery',
    Popper: ['popper.js', 'default']
  })
)

module.exports = environment

 

レイアウトの修正

最後に app/views/layouts/application.erb.html の「stylesheet_link_tag」を「stylesheet_pack_tag」に変更します。

<%= stylesheet_pack_tag 'application', media: 'all', 'data-turbolinks-track': 'reload' %>

動作確認

それでは、Railsのサーバーを起動して動作確認してみます。

今回の例では、次のHTMLを表示させています。

<p id="notice"><%= notice %></p>
<div class="container">

<h1>Users</h1>
<table class="table table-hover">
    <tr>
      <th scope="col">Name</th>
      <th scope="col">Address</th>
      <th scope="col">Phone</th>
      <th colspan="3"></th>
    </tr>

    <% @users.each do |user| %>
      <tr>
        <td scope="row"><%= user.name %></td>
        <td scope="row"><%= user.address %></td>
        <td scope="row"><%= user.phone %></td>
        <td><%= link_to 'Show', user, class: "btn btn-outline-primary btn-sm" %></td>
        <td><%= link_to 'Edit', edit_user_path(user), class: "btn btn-outline-primary btn-sm" %></td>
        <td><%= link_to 'Destroy', user, class: "btn btn-outline-danger btn-sm", method: :delete, data: { confirm: 'Are you sure?' } %></td>
      </tr>
    <% end %>
  </tbody>
</table>
<br>

<%= link_to 'New User', new_user_path, class: 'btn btn-primary btn-sm' %>

</div>

 

次のように表示されれば完了です。

bootstrap適用完了

 

終わりに

本記事では「Rails6でBootstrapを導入する手順」について紹介しました。

次回は、Bootstrapをベースとして作られた管理画面の制作でよく利用されるCSSのフレームワーク「AdminLTE」の導入手順を紹介します。

\  いいね!フォローをお願いします /

© 2020 ITを分かりやすく解説