広告 Excel

Excelの基本:VLOOKUP関数の使い方

はじめに

次の表のように、名称や価格を「商品マスタ」の値と同じにしたいときがあります。

そんなときに便利なのが「VLOOKUP関数」です。

VLOOKUP関数は、表の縦方向にデータを検索し、一致した値と同じ行にあるデータを返す関数です。

特定の値で表を検索し、表の中の必要な情報を抽出します。また、元となるデータ(上記表の例では商品マスタ)から値を取得するので、入力ミスを防ぐことができます。

VLOOKUP関数の書式

VLOOKUP関数の書式は次のとおりです。

VLOOKUPの書式

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索方法)

  • 検索値:検索対象となる値
  • 範囲:検索値を探す範囲
  • 列番号:どの列の値を取得するか指定する(左から数えて何列目かを指定)
  • 検索方法:FALSE(または 0):完全一致で検索、TRUE(または 1):近似値を含めて検索

スポンサーリンク

VLOOKUP関数の使い方

手順1:参照元の表を用意する

まずは参照元となる表を作成します。

今回の例では「商品マスタ」を作成しています。

参照元の表を用意する

手順2:参照元からデータを取り出すセルをクリック

VLOOKUP関数を使って参照元(今回の例では商品マスタ)からデータを取り出すセルをクリックします。

参照元からデータを取り出すセルをクリック

手順3:[数式]タブにある[検索/行列]をクリック

[数式]タブにある[検索/行列]をクリックします。

検索/行列をクリック

手順5:VLOOKUPをクリック

[検索/行列]をクリックすると、[検索/行列]に関連するさまざまな関数が表示されるので、[VLOOKUP]をクリックします。

VLOOKUPをクリック

手順6:VLOOKUP関数の引数を入力する

[VLOOKUP]をクリックすると、VLOOKUP関数の引数を入力する画面が表示されるので、引数を次のように入力します。

引数「検索値」

引数「検索値」には、検索対象となる値を指定します。

今回の例では、セル「A3」を指定しています。

引数「検索値」を指定する

引数「範囲」

引数「範囲」には、検索値を探す範囲を指定します。

今回の例では、商品マスタの表から検索値を探すので「E3:G10」のセル範囲を指定しています。

引数「範囲」を指定

引数「列番号」

引数「列番号」には、参照元(今回の例では商品マスタ)からどの列の値を取得するか指定します。

左から数えて何列目かを指定します。一番左の列から取得する場合は「1」、その隣の列から取得する場合は「2」、さらにその隣の列から取得する場合は「3」といった具合で入力します。

今回の例では、商品マスタの「名称」列から取得したいので「2」を入力します。

引数「列番号」を指定

引数「検索方法」

引数「検索方法」には、TRUE(または 1)または FALSE(または 0)を入力します。

完全一致で検索したい場合は FALSE(または 0)、近似値を含めて検索したい場合はTRUE(または 1)を入力します。

今回は完全一致で検索したいので「0」を入力しています。

引数「検索方法」を入力

手順7:「OK」ボタンをクリック

VLOOKUP関数の引数を設定したら「OK」ボタンをクリックすると、VLOOKUP関数の結果が表示されます。

引数を入力し「OK」ボタンをクリック

VLOOKUP関数の結果が表示される

助手
助手
これで完了です。

 

同様の方法で価格を入力「=VLOOKUP(A3,E3:G10,3,0)」します。

あとはオートフィルで他のセルに数式をコピーすれば、表は完成です。

オートフィルで数式をコピー

helpful