広告 Excel

Excel(エクセル)の基本:表のセルに線(罫線)を引く

はじめに

Excel(エクセル)のシートに必要なデータを入力したら、表を見やすくするために罫線を引くことがよくあります。

メモ

  • 罫線とは、セルの周りを囲む線のこと。
  • セルとは、Excel(エクセル)のマス目のこと。

罫線は、ホームタブの「罫線」メニューを利用することで、選択したセル範囲に目的の罫線を引くことができます。

ホームタブの「罫線」

本記事では、Excel(エクセル)のセルに罫線を引く方法について紹介します。

スポンサーリンク

表全体に罫線を引く

次の例のように表全体のセルを範囲選択(B2のセルを左クリックしたままの状態で、E9のセルまでマウスを移動する)します。

終点までドラッグする

表全体のセルを範囲選択したら、ホームタブにある罫線の下矢印部分をクリックし、「格子」を選択します。

表に罫線を引く

「格子」を選択した結果、選択したセル範囲に格子の罫線が引かれました。

選択したセル範囲に罫線が引かれる

助手
助手
格子の罫線はよく使う機能です。

罫線の種類を変更する

次の図のように罫線の種類を変更したいセルを範囲選択(B3のセルを左クリックしたままの状態で、E3のセルまでマウスを移動する)します。

罫線を変更したいセル範囲を選択する

ホームタブにある罫線の下矢印部分をクリックし、「その他の罫線」を選択します。

その他の罫線をクリック

「その他の罫線」を選択すると、セルの書式設定画面(罫線タブ)が表示されます。

この画面で罫線を自由に変更できます。(どの位置に罫線を引くか、どの罫線を引くか自由に設定できる)

セルの書式設定

まず線のスタイルで、罫線の種類を選択します。そして反映する位置をクリックし、「OK」ボタンを押下します。

今回の例では、セルの下部分を二重線に変更しています。

罫線の種類を変更する

罫線を変更した結果、選択したセル範囲の下部が二重線に変更されました。

罫線の種類変更完了

助手
助手
罫線の種類を少し変更したたけで、見栄えの良い表が作れます。

罫線の一部を削除する

次の図のように罫線の一部を削除したいセルを範囲選択します。

今回の例ではB2のセルのみ選択しています。

B2をクリック

ホームタブにある罫線の下矢印部分をクリックし、「その他の罫線」を選択します。

罫線を自由に引く

セルの書式設定画面が表示されるので、削除したい位置の罫線をクリック(今回の例では上と左の罫線を削除している)します。クリックすると罫線が消えるので「OK」ボタンを押下し罫線の設定を終了します。

罫線を自由に設定する

罫線を変更した結果、B2セルの左と上の罫線が消えました。

設定した内容で罫線が引かれる

 

助手
助手
ホームタブにある「罫線の削除」を使って罫線を消すこともできます。

罫線の削除

「罫線の削除」をクリックすると、マスタポインターが消しゴムの形になるので、削除したい個所の罫線をドラッグすると、罫線が削除されます。「Esc」ボタンを押下すると「罫線の削除」は終了します。

メモ

ドラッグ:マウスのボタンを押した状態で移動を行うこと。セルの範囲選択などの際に使用する。

helpful