広告 Excel

Excelの基本:数値をカンマ区切りで表示する方法

はじめに

Excel(エクセル)で請求関連の資料を作成していると金額を扱うことが多く、下記のように数値をカンマ区切りで表示することで、見やすい表が作成できます。

数値をカンマで表示

Excel(エクセル)で数値をカンマ区切りにする方法には以下があります。

数値をカンマ区切りにする方法

  • リボン(トップメニュー)で数値をカンマ区切りにする
  • セルの書式設定で数値をカンマ区切りにする
  • ショートカットキーで数値をカンマ区切りにする
助手
助手
本記事では、数値をカンマ区切りで表示する方法について紹介します。

リボン(トップメニュー)で数値をカンマ区切りにする方法

手順1:カンマ区切りにするセル範囲を選択する

カンマ区切りで表示したいセルを範囲指定します。

カンマ区切りにするセル範囲を選択する

手順2:[ホーム]タブの[桁区切りスタイル]をクリックする

[ホーム]タブの数値グループにある[桁区切りスタイル」をクリックすると

[桁区切りスタイル]をクリックする

数値が3桁ごとにカンマ区切りで表示されます。

数値をカンマ区切りで表示

セルの書式設定で数値をカンマ区切りにする方法

手順1:カンマ区切りにするセル範囲を選択する

カンマ区切りで表示したいセルを範囲指定します。

カンマ区切りにするセル範囲を選択する

手順2:セルの書式設定画面を開く

対象のセルを選択した状態で右クリック→セルの書式設定をクリックします。

セルの書式設定を開く

手順3:分類を「通貨」に変更する

セルの書式設定画面が表示されたら、表示形式タブ内の分類を「通貨」に変更し「OK」ボタンをクリックすると

通貨を選ぶ

数値が3桁ごとにカンマ区切りで表示されます。

数値をカンマ区切りで表示

 

※「通貨」ではなく「数値」を選んで「桁区切り(,)を使用する」にチェックいれても、カンマ区切りで表示できます。

ショートカットキーで数値をカンマ区切りにする方法

手順1:カンマ区切りにするセル範囲を選択する

カンマ区切りで表示したいセルを範囲指定します。

カンマ区切りにするセル範囲を選択する

手順2:ショートカットキーを利用する

対象のセルを選択した状態で「Ctrl」+「Shift」+「1」を同時に押すと数値をカンマ区切りで表示できます。

ショートカットキー

「Ctrl」+「Shift」+「1」

数値をカンマ区切りで表示

helpful