広告 Excel

【Excel】作成したファイルを保存する方法(名前を付けて保存)

Excelでファイルを保存する方法(名前を付けて保存)

手順1:「ファイル」タブをクリック

Excelのメニューバーにある「ファイル」タブをクリックします。

ファイルを選択

手順2:「名前を付けて保存」をクリック

「ファイル」タブをクリックすると、左サイドメニューにファイルに関する操作が表示されます。

今回はExcelファイルを新規に保存するので「名前を付けて保存」をクリックします。

名前を付けて保存をクリック

手順3:「参照」をクリック

「名前を付けて保存」をクリックすると、保存する場所を選択する画面が表示されます。

今回は保存場所を指定したいので「参照」をクリックします。

参照ボタンを選択

手順4:保存場所、ファイル名を指定し保存する

「参照」をクリックすると、Excelファイルを保存する画面がポップアップで表示されます。

まずは画面左にあるメニューで保存場所を指定します。そして、ファイル名を入力し「保存」をクリックします。

今回の例では、デスクトップに「保存テスト」というファイル名で保存しています。

Excelファイルを保存する

 

デスクトップを確認すると「保存テスト.xlsx」というファイルが保存されています。

デスクトップを確認

 

助手
助手
これでExcelファイルの保存は完了です。

helpful