プログラム

COBOLとは

COBOL(コボル)とは

COBOL(Common Business Oriented Language)とは、1959年に事務処理用に開発されたプログラミング言語です。

1959年当初、低水準言語である「アセンブリ言語」や高水準言語である「FORTRAN」などが存在する中、事務処理用の高水準言語として開発されたのがCOBOLです。

高水準言語と低水準言語のイメージ例

1950年代、事務処理用の言語は開発メーカーごとに異なっていたため、アメリカ政府とシステムメーカーなどが参加するCODASYL(英: conference/committee on data systems languages)によって1959年に共通事務処理用言語としてCOBOLが誕生しています。

COBOLは自然言語である英語に近い記述ができるのが特徴で、金額計算などの事務処理を目的として作られた言語です。そのため、計算処理を得意としています。

またCOBOLは古い言語ですが、大昔に作られたシステムが現在でも保守され続けており、保守性に優れた言語でもあります。

現在でもCOBOLは、金融系や証券などのシステムで使用されています。

※2022年時点

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら