プログラム

C言語とは

C言語(シーげんご)

C言語(英:C programming language)とは、1972年にAT&T社ベル研究所のデニス・リッチー(Dennis M. Ritchie)氏とブライアン・カーニハン(Brian W. Kernighan)氏によって開発されたプログラミング言語です。

「C」という名前の由来は、当時存在していた「B言語」(AT&T社のケン・トンプソン氏が開発したもの)が元で、「B言語」を改良したものが「C言語」です。

人間が解釈しやすい高水準言語(高級言語)でありながら、低水準言語(低級言語)のようにハードウェア寄りの記述ができるのが特徴です。

C言語に影響を受けたプログラミング言語は非常に多く「C++」「Java」「C#」「Objective-C」など、多くのプログラミング言語がC言語から派生して開発されたものです。

C言語の特徴

汎用性が高く、処理速度が速い

C言語は、汎用性が高く処理速度が速いのが特徴です。

「高水準言語でありながら、低水準言語の面も持つ」ため、OSやメモリといったハードウェアを制御できる他、ゲーム開発やアプリケーション開発といった分野でもC言語は利用されており、汎用性が高い(さまざまな用途や分野に用いられている)のが特徴です。

また処理速度が速いため、実行速度性能が要求されるソフトウェアの開発などでも利用されています。

C言語はコンパイルを必要とするコンパイラ言語です。

習得するのが難しい

C言語は、他の高水準言語に比べると習得するのが難しい言語です。

C言語は「高水準言語でありながら、低水準言語の面も持つ」ため、ハードウェアを制御する要素があり、メモリ管理やCPUといった部分の知識が必要です。また他の言語では自動的に行ってくれる処理でも、C言語においてはコーディングが必要になることも多く、それ相応の知識が必要です。

ただし、C言語は古くから存在する言語であり、C言語のプログラマ人口も多く、参考書やサイトなどの情報が豊富で学習しやすい言語です。

C言語を習得してしまえば「Java」や「C#」「Objective-C」など、C言語の影響を受けて開発されたプログラミング言語の習得もしやすくなります。

YouTubeでも解説しています。チャンネル登録と高評価よろしくお願いします!
ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら