レスポンシブ

Bootstrap4

Bootstrapでレスポンシブな画像を作成する

Bootstrapでレスポンシブな画像を作成する方法

レスポンシブとはPC、タブレット、スマートフォンなど、異なる画面サイズの幅を基準にWebサイト表示を柔軟に調整し、見やすく最適な表示にすることです。

HTMLの「img」タグにBootstrapで用意してある.img-fluidを指定することでレスポンシブな画像を作成することができます。

スポンサーリンク

レスポンシブ設定なし ※.img-fluid設定なし

<img src="blueberries-2278921_640.jpg">

レスポンシブ設定をしていない場合、次のようにスマートフォンでは表示でデザインが崩れてしまいます。

■ PCの表示イメージ

bootstrap-img-pcの表示例

 

■ スマートフォン(iPhone X)の表示イメージ

bootstrap-img-iphoneの表示イメージ

 

レスポンシブ設定あり ※.img-fluid設定あり

<img src="blueberries-2278921_640.jpg" class="img-fluid">

imgタグに.img-fluidを設定することで、レスポンシブデザインにすることができます。

.img-fluidを指定していない場合は、スマートフォンでの表示が崩れていましたが、.img-fluidを指定することでスマートフォンでも画面サイズの幅にあわせ画像が調整されて表示されています。

■ PCの表示イメージ

bootstrap-img-pcの表示例

 

■ スマートフォン(iPhone X)の表示イメージ

bootstrap-img-iphoneの表示例レスポンシブデザイン

 

■ HTMLサンプル

<!doctype html>
<html lang="ja">
  <head>
    <!-- Required meta tags -->
    <meta charset="utf-8">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no">

    <!-- Bootstrap CSS -->
    <link rel="stylesheet" href="css/bootstrap.min.css">

    <!-- Optional JavaScript -->
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.4.1.slim.min.js"></script>
    <script src="js/bootstrap.min.js"></script>

    <title>img</title>
  </head>
  <body>
    <img src="blueberries-2278921_640.jpg" class="img-fluid">
  </body>
</html>

 

よろしければ記事の評価をお願いします

© 2020 ITを分かりやすく解説