VLAN

ネットワーク

VLAN(仮想LAN)とは

VLAN(Virtual Local Area Network)

スポンサーリンク

VLAN(仮想LAN)とは

VLAN(仮想LAN / バーチャルLAN)とは、LANを仮想的に作る技術です。

VLANはネットワーク管理者がLANの範囲を自由に決められる便利な技術です。

VLANの設定は主にレイヤ3スイッチ(ルータとレイヤ2スイッチの機能を持つ)などのネットワーク機器で行います。

lanのイメージ図

VLAN(Virtual Local Area Network)の技術がなければ、上記図のようにルータやレイヤ3スイッチに接続されたコンピュータ同時は、同じLAN(Local Area Network)セグメントに所属します。

補足

  • LAN(ローカルエリアネットワーク):社内や家庭内などで構成された一定範囲の大きさのネットワーク
  • セグメント:ブロードキャストが届くネットワークの範囲

 

同じセグメント内の全てのコンピュータには、ブロードキャストが届きます。

例えばIPアドレスからMACアドレスを導きだすARPリクエストのような要求はブロードキャストのため、関係のないコンピュータにまでARPリクエストが送信されてしまいます。

ARPリクエスト

そこでVLANを使い仮想的なLANを作ることで、ブロードキャストが届くネットワークの範囲を限定することができます。

次の図がVLANのイメージです。同じL3スイッチに接続されたコンピュータが「VLAN1」と「VLAN2」と2つのLAN(セグメント)に分けられました。

vlanのイメージ図

VLANは管理者が自由に範囲を決めて作ったLAN(セグメント)です。VLANを作りLANを分けることでブロードキャストが届く範囲もVLANに所属しているコンピュータだけに限定されます。

VLANは異なるスイッチ間にまたがり設定することも可能

VLANは、次の図のように異なるL3スイッチ間にまたがり設定することが可能です。

VLANイメージ図2

異なるL3スイッチ間にまたがり設定することができるので、異なる場所(例えば1Fオフィスと5Fオフィス、もしくは東京支店と大阪支店)にあるコンピュータ同士が同じVLANに所属することができます。

物理的な配線にとらわれないで、ネットワークのグループ(VLAN)が作れるのは大きなメリットです。

VLAN ID

VLAN ID(Virtual LAN IDentifier)とは、VLANを識別するためのIDです。

VLANを設定する際は、必ずVLANを識別するためのIDである「VLAN ID」を付与します。

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved.