ブログ

afb(アフィb)は提携却下になると再申請できない

afb(アフィb)は提携を却下されると再申請できない

カンファレンスバナー

人気のASP「afb(アフィb)」は、一度「提携申請」を却下されると再度申請できません

先日afbである広告主と提携しようと思い軽い気持ちで提携申請、そして数日後に「提携申請を見送らせていただくことになりました。」とメールが届きました。

提携却下のメール

提携の申請を却下されると「提携申請」のボタンが表示されなくなる

提携却下されたプロモーションを表示するとステータスが「提携却下」になっています。

提携却下のプロモーション

そして、通常であれば下記のように右上に「提携申請」のボタンが表示されていますが、提携却下されたプロモーションには「提携申請」のボタンがありません

どうやれば再申請できるのかな?

通常のプロモーション

一度「提携申請」を却下されると再申請できない

afbの「よくあるご質問」を確認すると

「提携を見合わせたプロモーションは、再度同じサイトで提携できませんのでご注意ください」

と書かれており、一度「提携申請」を却下されると再申請できないようです。※提携を見送られた場合でも、別のサイトであれば再度提携申請は可能です。

そりゃないよ・・・

Q:プロモーションの提携審査に落ちることはあるの?その場合、同じプロモーションに提携の申請はできないの?

提携申請を行った後に、プロモーションを運用しているクライアントが、あなたのサイトが提携の基準を満たしているかどうか審査を行います。 クライアント側の基準を満たさない場合は提携を見合わせる場合もございますのでご了承ください。また、提携を見合わせたプロモーションは、再度同じサイトで提携できませんのでご注意ください。 ※提携を見送られた場合でも、別のサイトであれば再度提携申請が可能です。 提携の見送りの基準は各クライアントごとに異なりますが、一般的なものとして以下の理由があります。アクセス数(PV数)が低いコンテンツ(内容)の充実度が低いクライアントの取り扱う商材と関連がない。

出典:afb(アフィb)

提携却下された理由

提携却下された理由は広告主によって異なるものの、一般的な理由として以下のようです。

提携却下の理由

  • アクセス数(PV数)が低い
  • コンテンツ(内容)の充実度が低い
  • クライアントの取り扱う商材と関連がない

afbの提携申請は一度却下されると再申請できません。そのため気軽な気持ちで「提携申請」するのは控えた方がよさそうです。

  • 取り扱う商材と関連のある記事を書く
  • 関連記事の内容を充実させる
  • 関連記事にある程度のアクセス数がある

この3つの条件を満たしたときに「提携申請」すれば、却下される確率は低くなると考えられます。

アフィリエイトには、afbのように「提携申請」を却下されると二度と再申請できないASPと、何度でも再申請できるASPがあります。まずは何度でも再申請できるASPを利用することをおすすめします。

提携の見送りの基準は各クライアントごとに異なりますが、一般的なものとして以下の理由があります。アクセス数(PV数)が低いコンテンツ(内容)の充実度が低いクライアントの取り扱う商材と関連がない。

出典:afb(アフィb)

提携申請を却下されても再申請できるASP

提携申請を却下されても再申請できる代表的なASPは次のとおりです。

再申請できるASP

A8ネットは国内最大手のASP

A8.netはアフィリエイトASP満足度調査(※NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査)で12年連続No.1になっている人気のASPです。

A8.netの特徴

  • 広告数が多い
  • 広告のジャンルが幅広い
  • セミナーが充実している
  • サイトを持っていなくても登録できる

広告リンクの機能が充実している「もしもアフィリエイト」

もしもアフィリエイトは「かんたんリンク」や「W報酬制度」などのサービスが充実している人気のASPです。

もしもアフィリエイトの特徴

  • かんたんリンク
  • W報酬制度
  • Amazonアソシエイトの審査に通りやすい
  • アフィリエイトの基本やノウハウページが充実

もしもアフィリエイトが提供している「かんたんリンク」を使えば、次のような広告を簡単に作成できます。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングの商品をまとめて表示できる便利な機能です。

もしもアフィリエイトについての詳細はこちら

》もしもアフィリエイトの登録方法と使い方を徹底解説