プログラム

低水準言語とは

低水準言語(低級言語)

低水準言語(英:low-level programming language)とは、プログラミング言語のうち、コンピュータが理解できる機械語 もしくは 機械語に近い「アセンブリ言語」などの言語の総称のことで、低級言語とも呼ばれています。

高水準言語と低水準言語のイメージ例

低水準言語機械語に近い言語のため、ハードウェアやCPUに対して直接的な命令を記述することができ、メモリ操作やI/O制御等CPUレベルの操作が可能だが、人間から見ると理解しにくい言語です。

また機械語に近い低水準言語である「アセンブリ言語」で書かれたソースコードは、アセンブラというソフトウェアを使い、コンピュータが理解できる機械語に変換してから実行します。

対義語の高水準言語は、プログラミング言語のうち、人間が理解しやすいように作られた言語の総称であり、高級言語とも呼ばれています。

メモ

  • 低水準言語 = コンピュータが理解しやすいように作られた言語
  • 高水準言語 = 人間が理解しやすいように作られた言語

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら