ブログ

ロリポップのスタンダードとハイスピードを比較!おすすめはどっち?

WordPressでブログを始めようと思うのですがロリポップの「スタンダード」と「ハイスピード」、どちらのプランがおすすめですか?

WordPressでWebサイトやブログを開設するには、まずレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

人気のレンタルサーバーであるロリポップは「安いけど遅い」、昔はそんなイメージでした。しかし、2019年にハイスピードプランが登場、さらに2022年にすべてのプランをSSDに変更と「安いけど遅い」から「安くて速い」に変わりました。

本記事では、人気のレンタルサーバーである「ロリポップ!」の「スタンダード」プランと「ハイスピード」プランの料金・性能・機能について比較しています。

ロリポップ「スタンダード」と「ハイスピード」の簡易比較

ロリポップは200万以上のサイトで利用されている、国内シェアNo2hostadvice.comによる調査)の人気を誇るレンタルサーバーです。

低価格が売りのレンタルサーバーのため「なるべくお金をかけないでブログを始めたい」という人におすすめです。

ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップ!

「スタンダード」プランと「ハイスピード」プランの簡易比較は次の表のとおりです。

特徴/プラン スタンダード ハイスピード
料金 ★★★★★★
初期費用:1,650円
1年契約:月額 660円
3年契約:月額 440円
★★★★★☆
初期費用:0円
1年契約:月額 825円
3年契約:月額 660円
サーバー性能 ★★★★☆☆ ★★★★★★
サーバー機能 ★★★★☆☆ ★★★★★☆
サポート内容 ★★★★★★ ★★★★★★
独自ドメイン
永久無料特典
なし あり
簡易説明 ・料金が安いので、ブログ初心者やアクセス数が少ないサイト向けのプラン
・大量アクセスに弱い
・大量アクセスに強く安定している。また表示速度も速い

※2022年12月時点。時期によってはキャンペーンを実施しているので、詳細は公式サイトをご覧ください。

ブログを開設した当初はアクセス数が少ないため「スタンダード」プランで十分です。少しでもお金を節約したい人は「スタンダード」プランを選択しましょう。時期によってはキャンペーン価格で初期費用が0円になっています。

ただアクセス数が増えてくると「ライト」や「スタンダード」プランでは不安定になってくるため、大量アクセスでも高速に動作する「ハイスピード」プランがおすすめです。

また「ハイスピード」プランの場合、ドメインをずっと無料で利用できる(12ヶ月以上の契約+自動更新設定している間は、独自ドメインの新規取得・更新がずっと無料)特典がついているのも魅力です。

価格、サーバー性能、ドメイン無料特典など、総合的に考えるとハイスピードプランの方がお得です。

ポイント

  • スタンダード:ブログ初心者向けの低価格プラン。
  • ハイスピード:低価格で高性能なサーバーが利用できる人気のプラン。

ロリポップ「スタンダード」と「ハイスピード」の詳細比較

【比較1】プランと料金設定

ロリポップのプランと料金設定(キャンペーン価格ではなく通常料金)は次のとおりです。

下記の料金は2022年12月時点のものです。時期によってはキャンペーンを実施しているので、詳細は公式サイトをご覧ください。

【ロリポップのプランと料金設定】

ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップ!

契約期間/プラン エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
1ヶ月 132円 440円 880円 1,320円 2,530円
3ヶ月 132円 418円 770円 1,210円 2,530円
6ヶ月 132円 385円 715円 990円 2,200円
12ヶ月 132円 330円 660円 825円 2,200円
24ヶ月 132円 275円 550円 770円 2,200円
36ヶ月 99円 220円 440円 550円 2,200円

各プランの特徴は次のとおりです。

ロリポップ各プランの特徴

  • エコノミー:WordPressは利用できない
  • ライト:趣味でサイト運営をはじめる人向け
  • スタンダード:趣味やビジネスでサイト運営をはじめる人向け
  • ハイスピード:大量アクセスでも高速表示したい人向け
  • エンタープライズ:大規模なサイトを運営する人向け

エコノミープランはWordPressが使えないので「なるべくお金をかけたくない」という人は「ライト」または「スタンダード」プランを選択しましょう。

ブログを開設した当初はアクセス数が少ないため「ライト」や「スタンダード」プランで十分です。

ただアクセス数が増えてくると「ライト」や「スタンダード」プランでは不安定になってくるため、大量アクセスでも高速に動作する「ハイスピード」プランがおすすめです。

はじめは「ライト」や「スタンダード」プランでブログを開設し、アクセス数が増えていたら「ハイスピード」プランに変更するのも一つの手段です。

【比較2】サーバーの性能

ロリポップの「スタンダード」と「ハイスピード」プランのサーバー性能は次のとおりです。

項目/プラン スタンダード ハイスピード
12ヵ月契約 月額 660円 月額 825円
36ヵ月契約 月額 440円 月額 550円
Webサーバー Apache LiteSpeed
OS Linux(CentOS) Linux(CentOS)
ストレージ SSD SSD
容量 300 GB 400 GB
割り当てCPU 非公開 非公開
割り当てメモリ 非公開 非公開
RAID構成 RAID50 + RAID10 RAID50 + RAID10
WordPress高速化 - LiteSpeed Cache
自動バックアップ 無料
(復元は有料)
無料
(復元も有料)

※2022年12月時点。詳細は公式サイトをご覧ください。

「スタンダード」と「ハイスピード」プランの大きな違いはWebサーバーです。「スタンダード」プランのWebサーバーは「Apache」、「ハイスピード」プランのWebサーバーは「LiteSpeed」になっており、「Apache」より「LiteSpeed」の方が高速に動作します。

また「ハイスピード」プランは、WordPress高速化に「LiteSpeed Cache」を採用しています。

「LiteSpeed Cache」はLiteSpeedのWebサーバーで利用できるキャッシュ機能で、キャッシュを有効にすることにより、ページの読み込み時間を大幅に短縮できます。

Webページの表示速度は「ハイスピード」プランの方が圧倒的に早いです。

【比較3】サーバーの機能

ロリポップの「スタンダード」と「ハイスピード」プランの主な機能は次のとおりです。

項目/プラン スタンダード ハイスピード
簡単インストール
(WordPress)
他サーバーからの移行
プラン変更
※上位プランへの変更のみ可能

※上位プランへの変更のみ可能
WAF
(脆弱性対策)
無料独自SSL
自動バックアップ ×
バックアアップからの復元 ×

※ただし有料
セキュリティ診断
(ウイルスチェック)

※2022年12月時点。詳細は公式サイトをご覧ください。

どちらのプランもWordPressの簡単インストール、他サーバーからの移行、プラン変更などの便利機能、WAFによる脆弱性対策やセキュリティ診断などのセキュリティ対策など充実しています。

プラン変更については、上位プランへの変更のみ可能です。下位プランへの変更はできません。

自動バックアップは「万一誤ってデータを消してしまった」「いつのまにかデータが消えてしまった」といった場合にデータを復旧できます。「スタンダード」プランは自動バックアップがついていないのでご注意ください。

【比較4】サポート内容

ロリポップの「スタンダード」と「ハイスピード」プランのサポート内容は次のとおりです。

項目/プラン スタンダード ハイスピード
メールサポート
原則48時間以内の返信

原則48時間以内の返信
チャットサポート 平日 9:30〜13:00、14:00〜17:30 平日 9:30〜13:00、14:00〜17:30
電話サポート 平日 10:00~18:00
※エコノミーとライトプランは非対応
平日 10:00~18:00
※エコノミーとライトプランは非対応

※2022年12月時点。詳細は公式サイトをご覧ください。

どちらのプランもメールサポート、チャットサポート、電話サポートに対応しており、サポート内容は充実しています。「エコノミー」と「ライト」プランは電話サポート非対応なのでご注意ください。

終わりに

ロリポップの「スタンダード」と「ハイスピード」プランの料金・性能・機能・サポート内容について紹介しました。

「スタンダード」プランの方が低価格ですが、サーバーの性能、ドメイン無料特典、自動バックアップ機能などを考えると「スタンダード」プランより、「ハイスピード」プランの方がお得です。

お試しの短期契約であれば「スタンダード」プラン、長期的に利用するのであれば「ハイスピード」プランがおすすめです。

ロリポップの公式サイトはこちら

ロリポップ!

こちらもCHECK

【初心者向け】ロリポップでWordPressブログの始め方

続きを見る