プレゼンテーション

ネットワーク

【OSI参照モデル】プレゼンテーション層とは

プレゼンテーション層

OSI参照モデルの「プレゼンテーション層」

プレゼンテーション層とは、OSI参照モデルの第6層(レイヤ6)で定義されている層で、その役割はコンピュータ間のデータ形式(文字コードや圧縮、暗号化など)を定義することです。

例えば異なる文字コードを使用していると、文字化けが発生してしまいます。このような文字化けの問題はコンピュータ間で文字コードを統一すれば解決できます。

文字に限らず画像や音楽などもデータ形式を統一する必要があります。このようにコンピュータ間のデータ形式を統一することがプレゼンテーション層の役割です。

また、データの暗号や復号もプレゼンテーション層が担当しています。

TCP/IP 4階層モデルでの「プレゼンテーション層」

TCP/IP(Transmission Control Protoco)(別名:インターネット・プロトコル・スイート)では、プレゼンテーション層は定義されていません。

OSI参照モデルの「アプリケーション層」と「プレゼンテーション層」そして「セッション層」は、TCP/IPの4階層モデルではアプリケーション層として定義されています。

TCP/IPの4階層モデルでは、個々のアプリケーションが必要に応じてデータ形式の規定や変換方法などの管理を行っています。

OSI参照モデル 各層の役割

層(レイヤ) 名称 説明
7層(L7) アプリケーション層 利用者が使うアプリケーションが通信できるようにするため約束事を定義
6層(L6) プレゼンテーション層 通信を行う上でのデータや画像などのデータ形式の約束事を定義
5層(L5) セッション層 通信を確立(開始・終了)するための約束事を定義
4層(L4) トランスポート層 通信する際の信頼性についての約束事を定義
3層(L3) ネットワーク層 データを目的地まで届けるための約束事を定義
2層(L2) データリンク層 隣接する機器間でデータの送受信を行うための約束事を定義
1層(L1) 物理層 電気信号などに変換するための約束事を定義

Copyright© ITを分かりやすく解説 , 2020 All Rights Reserved.