プログラム

アセンブリ言語とは

アセンブリ言語

アセンブリ言語(英:assembly language)とは、プログラミング言語の一つで、コンピュータが直接解釈・実行できる機械語と一対一に対応した言語であり、プログラミング言語の中でも、コンピュータが解釈しやすい低水準言語(低級言語)に分類される言語です。

高水準言語と低水準言語のイメージ例

アセンブリ言語が登場する前は、コンピュータが直接解釈・実行できる機械語が使われていましたが、機械語は人間のプログラマにとっては負担が大きく理解しづらい言語です。

そこで登場したのがアセンブリ言語です。アセンブリ言語は機械語そのものを書く代わりに、機械語を短い記号や単語に対応させたものです。(機械語と一対一になるように対応)

アセンブリ言語を実行するときは、機械語に変換してから実行します。アセンブリ言語で記述したプログラムを機械語に変換することを「アセンブル」(英:assemble)といい、変換を行うソフトウェアを「アセンブラ」(英:assembler)といいます。

チェック

機械語を人間が解釈しやすいようにしたのがアセンブリ言語。ただし高水準言語(高級言語)に比べると機械語に近い言語であり低水準言語(低級言語)に分類されている。

ITを分かりやすく解説

チャンネル登録はこちら

フォローはこちら