広告 Excel

Excel(エクセル)の基本:数値の平均を求める(AVERAGE関数)

2023年8月1日

はじめに

Excel(エクセル)で、数値の平均を求めるときは「AVERAGE関数」を使います。

AVERAGE関数は、指定された数値やセル範囲の平均を求める関数です。

AVERAGE関数の書式

=AVERAGE(数値1, 数値2, ...)

 

本記事では、AVERAGE関数を使って平均を求める方法を紹介します。

数値の平均を求める

助手
助手
AVERAGEはよく使う関数なので、使い方を覚えておきましょう。

AVERAGE関数で数値の平均を求める

手順1:平均を表示するセルをクリックする

平均を表示したいセルをクリックします。

メモ

セル:Excelのマス目のこと。セルをクリックすると、そのセルを操作できる。

平均を求めるセルをクリックする

手順2:数式の「平均」をクリック

[数式]タブにある[オートSUM]の下部をクリックすると、代表的な関数が表示されるので「平均」をクリックします。

数式の平均をクリック

手順3:計算の対象となる範囲を確定させる

「平均」をクリックすると、計算の対象となる範囲が自動的に選択されるので、間違いがないか確認します。

もし、選択範囲が想定と違っている場合は、正しい範囲を選択し直します。

計算する範囲が自動的に選択される

AVERAGE関数の見方

=AVERAGE(C3:E3)

それぞれの意味は下記のとおり。

  • 「=」: 1文字目に「=」を入れることで数式として認識される
  • 「AVERAGE」: AVERAGE関数を使うという意味
  • 「C3:E3」: 計算の対象となる範囲

手順4:「Enter」キーを押下する

計算の対象となる範囲が確定したら「Enter」キーを押下します。

平均が表示される

助手
助手
これで完了です。セル「F3」に平均が表示されました。

helpful